引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2011年01月02日

「まるいちきゅうのまるいちにち」

今年は毎週日曜日に絵本以外に図鑑など児童書も紹介していければと思っていますので、よろしくお願いします。

新年最初は大晦日から元日までのおはなしです。

まるいちきゅうのまるいちにち―All in a dayまるいちきゅうのまるいちにち―All in a day
安野 光雅

童話屋 1986-01
売り上げランキング : 202814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「まるいちきゅうのまるいちにち」
安野 光雅 編    エリック・カール、林明子 他
童話屋

この絵本は安野光雅さんが、世界の8カ国8人の絵本作家(アメリカは、エリック・カール。ロシアはニコライ・エフゲニエヴィチ・ポポフ。ブラジルは、ジャン・カルビ。中国は朱成梁。イギリスはレイモンド・ブ リッグス。日本は林明子。ケニアはレオ&ダイアン・ディロン。オーストラリアは、ロン・ブルックス)に呼びかけて作った絵本です。

無人島のタスケ(安野光雅さんの絵)が8か国の子供たちに呼びかけるようにして、ある年の1月1日 ロンドンのグリニッジ標準時0時にあわせて始まります。
この時、アメリカでは12/31 18:00。日本では1/1 9:00。太平洋の無人島は1/1 15:00。
みんなそれぞれ何をしてるでしょう。
世界中に時差があること、季節が違うこと、風習が違うことなど、世界中のいろんな違いを知ることができます。
でも、なんで違うのかは書いてないんです。
それは安野光雅さんの序文に
大きくなって、自分の頭で考え、その訳がわかったときの驚きと喜びのためにとってある
とあります。

お父さん、お母さん、この絵本を一緒になって読んで考えてあげてくださいね。

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:35 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言葉での説明では難しい世界が絵本になって、だけど理由は大人になってから!!だなんて、なんとも魅力的な1冊ですね〜♪

世界の国旗に興味を持ち、世界地図をひろげてみるのが好きななぎの世界も膨らみそうですよ〜!!

今回の旅行もなぎのリクエストで沖縄に出かけてきたのですが、神奈川県より日の入り時間が遅いことを説明するととっても興味深く聞き入っていたので、またしてもこのタイミングでの絵本の紹介に感激です(^^)
Posted by なぎママ at 2011年01月06日 08:23
なぎママさん

世界の他の国のことってなかなか知る機会はないですよね。
でも、この絵本のように、ある時間に世界各国で違う時刻違うことが行われてると知ることって大きなことですよ。
世界に目が向いていくことでしょうね。
日本の中でも日の入りの時間が違うだけでも驚きですよ。
なぎくんの興味はどんどん広がって行ってますね。いつか日本を飛び出していく日がくるかもしれませんね。
Posted by ブドリ at 2011年01月07日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック