引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年11月30日

砧公園の紅葉

11/21(日)、今日の黄葉はどこに行こうと頭を捻り、インターネットで色づき具合を調べてみたけれど、行こうと思ったところの見頃はもうちょっと先らしかったので、あちこち捜して見つけたのが今回の砧公園。きぬた公園と読みます。

世田谷区、東急田園都市線用賀駅から徒歩15分ぐらいのところにあり、東名高速がすぐ脇を走っています。
ここは戦中は防空緑地で、戦後は都営ゴルフ場だったところなので非常に広大な敷地を有しています。園内には川が流れ(入ることはできません)、つり橋や、アスレチック広場、美術館、野球場、小サッカー場、サイクリングロード、バードサンクチュアリ、そして各所に広い芝生広場があります。敷地面積が敷地面積は約391,262uで、芝生面積が約246,000uだそうですからどれだけ芝生が広いかわかりますよね。

我が家から電車を乗り継いで1時間以内、自転車なら40分ぐらいでやって来られるところにあるのですが、子供の頃に来て以来、ずっと足を運んでいなかったのです。ですので30年ぶりぐらいになります。

園内各所にある芝生広場の紅葉です。
芝生広場が広いので紅葉の奥行も見事です。もうちょっと天気も良く、色づいてたらもっと見事だったでしょう。カーソルを乗せてご覧ください。


砧公園の緑地家族連れ、小グループ、カップルと様々な人が敷物を敷いて思い思いに紅葉を楽しんでいました。


広大な砧公園この写真、傾いて撮ってるわけじゃありませんよ。ちょっと斜面になっていたりして、もとはゴルフ場だった名残かもしれません。


砧公園のイチョウ大きな銀杏の木もありました。
たっぷり日光を浴びて元気そのもの。
色づき具合も良く、たくさんの人の目を楽しませていましたよ。



こちらは桜の木。そうです、ここ砧公園は都内有数の桜の名所。知っていながら未だかつて見に行ったことがない。なぜなら、大混雑してそうだから。
桜紅葉に桜の落葉。子供たちは楽しそうに遊んでました。
そんな子供たちが途切れた一瞬です。
砧公園・桜紅葉


色つき具合の妙隣り合う同じ木でも色つき具合、散り具合が全く違う面白さ。
冬は右のほうからやってくる?



微妙な色つき具合を楽しませてくれる木、十月桜と黄葉が見られたりと見所満載。
カーソルを乗せてご覧ください。



これは正門付近のイチョウの木。
シンボルツリーのようにそびえています。皆さんまずはここで記念撮影なのですが、私は帰り際に。
人が途切れたところで1枚、いや2枚。
カーソルを乗せてご覧ください。


手を振ってくれた赤ん坊このイチョウの木の下で私がカメラを構えていたら、なにやら視線を感じました。どこ?とキョロキョロしてみると、ベビーカーの中から男の子(?)がじっと見てました。思わず手を振ってあげたら、振り返してくれました。お母さんはイチョウの撮影にお取り込み中のほんのつかの間の触れ合いでした。



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り




参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | .木々の色づ記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見事なコントラストの木々に囲まれた広い芝生広場は魅力的ですね〜♪
ゆっくりまったりお弁当でももってお出かけしたくなる場所ですね(^^)

ブドリさんに熱い視線・・・、やっぱり可愛い眼差しでしたか(^^)
なぁんて言ったら怒られちゃうかな(^^;
でも子供とあっという間に心を通じ合わせられちゃうところがまたブドリさんの魅力ですからね〜♪
Posted by なぎママ at 2010年12月04日 14:31
なぎママさん

晴れた日にはお弁当を持って、というのが本当にいい場所ですよ。
なんせ無料ですからね。

私に向いていた熱い視線はやっぱり可愛いまなざしでしたよ(^^)
素直に反応してくれるので可愛いですよね。
子供とあっという間に心を通じ合わせられちゃう、なんて言っていただけるのは嬉しいですね。
でも、逆にそれしかできなかったりして(^^;)
Posted by ブドリ at 2010年12月06日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック