引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年11月27日

黄葉・皇居外周

北の丸公園を出てから皇居のお堀沿いを歩いて二重橋のある皇居前広場を目指します。

千鳥ケ淵の紅葉北の丸公園から千鳥ヶ淵沿いを進んで、千鳥ヶ淵と紅葉を撮影していると千鳥ヶ淵を楽しむボートが一艘やってきました。
どちらもいい雰囲気ですね。

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


駆け抜けるランナー内堀通りに出ると、スズカケノキの黄葉の下を次々とランナーが駆け抜けていきました。
プラタナスの葉が優しく見守っていました。

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


国会議事堂と東京タワー内堀通り沿いの半蔵濠に面した千鳥ヶ淵公園を歩きながら眺めていると、国会議事堂の後ろに東京タワーを発見。なんどもここを通っていたのに、こういうふうに見えるとは全く気づきませんでした。いい発見をした!

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


半蔵門まで来るとお堀沿いの内堀通りのプラタナス並木が見渡せます。黄色く色付き、時折日も射してきてとても綺麗でしたよ。お濠に映る黄葉も綺麗でした。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


お堀沿いのプラタナス並木ちょっと進んで、最高裁判所前(三宅坂下)に来て振り返ってプラタナス並木を眺めてみました。この斜面は彼岸花が咲き乱れていたところです。
SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


内堀通り側を見て、お濠側を見て楽しんでいる横をランナーが次々に通りすぎていきます。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


お濠に映る黄葉を眺めていると、数がグッと増えたカモたちがいました。そのカモを眺めていると、ヒドリガモを発見。これまた今まで気がつかなかった!
カーソルを乗せてご覧ください。
SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


桜田門近くまで来て振り返ると、傾いてきた日が射して色鮮やかに輝いていました。
カーソルを乗せてご覧ください。
SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


桜田門前に来て振り返ると国会議事堂と一緒に黄葉が輝いていました。
国会議事堂と黄葉


ここまで来ると皇居前広場ももう目と鼻の先。
広場のベンチは多くのランナーに占拠されていて休む場所がなかったので、そのまま東京駅前の行幸通りをめざしました。
その模様はまた次回。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | .木々の色づ記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆっくりカメラを持って歩いていると、今まで見えなかったものが見えたり新しい発見があったりと思いがけず楽しい時間となることが多いですよね♪

最近、車中心の生活に戻ってしまい、時間にもゆとりがなくてよくないですね〜。
産休に入ったら、もう少し時間に余裕がでると言いのですが(^^;
そしたらゆっくり歩かなくっちゃ(^^)

せめてここにお邪魔するときは、ゆったり気分で♪
今日もステキなスケッチの数々ありがとうございま〜す♪
Posted by なぎママ at 2010年11月28日 14:53
なぎママさん

いつも見ているようで見落としがあるんです。
そんなことをのんびり歩きながら発見するのも楽しいですよね。
もう間もなく産休ですか?
産休に入ってもなかなかのんびりするってことは難しいでしょう。それでも無理せず歩いてくださいね。
きっとなぎくんが優しく付き添ってくれて、新しい発見がたくさんあることでしょうね(^^)
Posted by ブドリ at 2010年11月29日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック