引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年11月11日

酉の市2010 富岡八幡八幡宮・深川大鳥神社

いよいよやってきました、江戸の冬の風物詩・酉の市。
酉の市が始まると冬の訪れとなります。秋を感じてないんですけどね。

11月の酉の日に関東、特に東京の鷲(おおとり)神社・大鳥神社を中心として酉の市が催されます。
暦の巡り順によって最初の酉の日が11月の始めに来れば酉の市が3回、7日以降になれば2回となるわけです。
それで最初にめぐってくる酉の市を「一の酉」とか「初酉」と言い、2回目を「二の酉」、3回目を「三の酉」と呼びます。
今年は11/7(日)が一の酉、11/19(金)が二の酉になります。

そしてその11/7(日)、酉の市の梯子をしてきましたのでその模様をお届けします。
富岡八幡八幡宮まず最初に向かったのは、門前仲町にある富岡八幡八幡宮の酉の市に向かいました。
富岡八幡宮酉の市“深川のお酉さま”として親しまれています。



大鳥神社じゃないの?と思いますよね。実は大鳥神社は富岡八幡宮の境内の片隅にあるんですよ。
鳥居を抜けると、ずらっと神社の末社が並んでいて、一番右に大鳥神社・鹿島神社、真ん中が恵比須社・大黒社、左が富士浅間社・金刀比羅社になります。
カーソルを乗せてご覧ください。


この日は七五三の参詣に訪れる家族がたくさん。本殿前に列をなしていました。
カーソルを乗せてご覧ください。


本殿前の階段上から参道の酉の市の屋台を見てみました。
カーソルを乗せてご覧ください。


熊手と御本殿
酉の市が行われているのは富岡八幡宮の参道。参道に並ぶ熊手市の屋台の熊手が本殿を飾ります。



昼間なのでまだ酉の市に訪れる人の数は少なく雰囲気は盛り上がっていませんでしたけど、それでも熊手を買い求め、シャンシャンシャンと手締めの音がそこここで響いていました。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。
「よ〜お!」


なぜ酉の市でくまでなのか
鷲が獲物をしっかりと捕らえることになぞらえて、運を鷲づかみすると言われるように、鷲の4本ツメのうち3本を熊手の手に、1本を柄とした3本ツメの熊手が後に5本ツメになり、「運をかっこむ」熊手守りになったと言われます。

「威勢よく 運をかっこめ 大熊手」

「シャンシャンシャン 手締めが響く 酉の市」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:18 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | .イベント・風物詩  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お酉さま、賑やかそうですね。
大阪のえべっさんにも、ちょっと似ています。
毎年、お祭りの時(1月10日ごろ)福笹を交換しに戎神社へ出向くのですが、新しい笹を持って歩いていると、色々と勝手に飾り物をつけられるので、要注意なんですよ。

商売繁盛をお願いしに行くのに、儲かるのは神社だけだったりして・・・・(~_~;)
Posted by 森のどんぐり屋 at 2010年11月12日 10:04
今年ももうそんな時期なのですね〜!!
何かと忙しい11月、季節の移り変わりに気付けてない私は、毎年ここでそんな時期が来ていると教わっているようなきがします(^^;

Posted by なぎママ at 2010年11月13日 11:41
森のどんぐり屋さん

賑やかですよ〜
まだ昼間でしたのでそれほどでもなかったですけど、夕方になってくると人ではグッと増えて大変になると思います。
大阪だとえべっさんですね。
関東と関西でどちらも商売繁盛を願っているのに、風習って違うものですね。


なぎママさん

もうそんな時期なんですよ〜
昨年から今年は特に忙しいでしょうから季節を感じる暇もなかったでしょうね。
私も忘れそうでしたけど、ブログがあるおかげで、そろそろだなぁとスケジュールを確認していますよ(^^;)
Posted by ブドリ at 2010年11月15日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック