引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年11月09日

洋館とバラ

前回に引き続き、旧古河庭園のバラをお届けします。
今回も洋館とバラですけ。

バラ・イブピアッチェイブピアッチェ(Yves Piaget)
1983年 フランス、メイアン作出
1982年バガテル国際コンクール芳香カップ受賞、1982年ジュネーブ国際コンクール金賞及び芳香賞受賞、他2賞受賞。高級宝飾店Piagetと同じ名前を持つだけに輝かしい。
 「オールドローズの特徴と現代バラの長所を併せ持った魅力あふれるアンティーク調のバラ」だそうです。
SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


カトリーヌ・ドゥヌーブ(Catherine Denve)
1981年 フランス、メイアン社作出
往年の映画女優カトリーヌ・ドヌーブのイメージ通り、優しい香り、品のよいオレンジぼかしの花。

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


キャロリーヌ ドゥ モナコ(Caroline de Monaco)
1989年 フランス、メイアン作出
モナコ公国キャロリーヌ王女にささげられたバラです。
淡いクリーム色の気品の漂う柔らかい感じの薔薇でした。
カーソルを乗せてご覧ください。
SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


バラ・ユキサンユキサン(Youki San)
1965年 フランス、メイアン作出
別名をマダム・ネージュ Madame Neige
パリ在住の日本人モデルの名前といわれていますが、どうやらエコール・ド・パリの人気画家 藤田嗣治(ふじたつぐはる 1886-1968) と、後に詩人ロベール・デスノスと結婚したフランス人女性で、ユキ・デスノス=フジタ (Youki Desnos-Foujita)。本名はリュシー・バドゥ (Lucie Badoud)のことのようです。
ユキ(Youki)は藤田がつけた日本語のあだ名だが、彼は「バラ色の雪」の意味と説明していたらしい。(wikipedia)

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


マリア・カラス(Maria Callas)
1965年 フランス、メイアン社作出
オペラ歌手マリア・カラスにちなんだ、濃いピンクのバラ。
洋館の前で歌っているように見えませんか?
カーソルを乗せてご覧ください。
SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC


ハーモニィ(Harmonie)
1982年 ドイツ、コルデス作出
1981年にバーデンバーデン金賞を受賞。微香性。
オレンジのようなピンクのような、優しい色合い。まさに色彩のハーモニィ。
カーソルを乗せてご覧ください。

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC

映画女優も王妃もオペラ歌手もみんなでハーモニィを奏でていますね。

熱情
1993年 鈴木省三 作出
「ミスターローズ」鈴木省三氏、最後の作出のバラ。
「人間愚鈍でいいんだよ。ひとつのことを一生かけてやれば、それでいいんだ」(鈴木省三さんの言葉)というように、まさに生涯かけてきた情熱が燃え立っているような赤いバラ。
日本人の持つバラのイメージそのものといわれています。
薔薇・熱情
SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:40 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 花歩記 バラ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もステキな洋館とバラを楽しめるなんて嬉しいで〜す!!
さらに澄み渡る青空がまた、なんとも映えること!!

たっぷりうっとりです(^^)
Posted by なぎママ at 2010年11月11日 23:25
なぎママさん

この日は朝からいい天気で気持よかったですよ。
ここは多くの人が洋館の方を向いて一緒に撮ろうと苦労してます。
さらに青空が加わると、メチャクチャ絵になりますからね〜
癒される場所です。
Posted by ブドリ at 2010年11月14日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック