引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年10月03日

「いろいろへんないろのはじまり」

10月になりめっきり秋めいてきましたね。
というわけで今月は「秋と言えば・・・の秋」をテーマにお届けします。
まずは芸術の秋

いろいろへんないろのはじまり
いろいろへんないろのはじまりアーノルド・ローベル まきたまつこ

おすすめ平均
stars色を作り出した魔法使いの、ちょっと不思議なお話
starsこの世に色がなかったら。
stars子どもも夢中!
stars色ってとっても大切
stars色を作る魔法使いのお話

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「いろいろへんないろのはじまり」
アーノルド・ローベル 作・絵    まきたまつこ 訳
冨山房

昔、色のない時代がありました。
その時代を「はいいろのとき」といいました。
魔法使いはこれではいけないと思い、色を作ります。
最初に青を作り、世界中青色の「あおいろのとき」になりましたが、あおいろはみんなを悲しい気持ちにして、笑わなくなってしまいました。
「なんとかしなくちゃ」と今度は黄色を作り出しました。
そして世界中黄色の「きいろのとき」
でも、黄色は目がチカチカして、目をつぶって歩いてぶつかったりつまづいたりして大騒ぎ。
そして今度は赤を作り出しまし、世界は「あかいろのとき」。
今度は赤色のためにみんな怒りっぽくなってけんかやどなり合いばかり。
魔法使いは別の色を作ろうとしていたら、青・黄・赤が混ざり合って・・・
さぁ、色が混ざりあったら、どうなったでしょう?

そうか!色はこんなふうに作られていったのか!
世界にいろんな色があることって素晴らしいことなんだなぁ。
色が与える精神的な影響もうまく表現されていて楽しいし、色って人間にとって大切なものであることを教えてくれる素敵な絵本です。

この絵本を読んでいろいろな色をつくりだしてみてはどうですか?

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン






参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:04 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色の世界って奥が深いですよね!!
精神的な影響はもちろん、風水にだって欠かせない!!
色が混ざり合うことで生み出される世界に感動しない子供はいないでしょうから〜、そんな世界を絵本の中で展開されたら夢中になること間違いなしでしょうね〜(^^)

大人にとっても興味深い一冊ですね!
Posted by なぎママ at 2010年10月06日 18:43
なぎママさん

色っていろいろなとkろに影響するんですよね。
子供は色に興味津々ですから、話はわからなくても色の広がりに興味を持って楽しんでくれると思いますよ。
絵本って、こういう楽しませ方もありだなって思います。
Posted by ブドリ at 2010年10月07日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック