引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年09月26日

「オオカミグーのはずかしいひみつ」

月一企画の宮西達也の絵本の登場です。

オオカミグーのはずかしいひみつ (絵本・こどものひろば)
オオカミグーのはずかしいひみつ (絵本・こどものひろば)きむら ゆういち みやにし たつや

童心社 2008-04
売り上げランキング : 186958

おすすめ平均 star
star無限大の愛情を感じてください

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「オオカミグーのはずかしいひみつ」
きむら ゆういち 作    宮西 達也 絵
童心社

オオカミのグーはおかあさんがきらいでした。
それは、おかあさんがイタチだからです。

え?イタチ?ですよね。
グーは小さい頃にイタチのお母さんにひろわれて育ったんです。
お母さんは愛情たっぷりに育てました。
でも、グーはお母さんがイタチということでみんなにバカにされて恥ずかしくてしかたありません。
バカにされないために遠くまで遊びに行ってました。
大きくなると、あたりの山では一番ケンカが強くなりました。
そんな姿をイタチのお母さんはいつも木の影から見守っていました。
ある時、グーのことをこころよく思っていないオオカミたちによってグーはケガをして、襲われ、気を失ってしまいました。
その時です!
岩かげから黒い影がオオカミたちに立ち向かって行きました。
オオカミたちも必死に反撃しました。
そこへグーの仲間がやってきて、オオカミたちは逃げていきましたが、黒い影は倒れていました。
グーが気がついて、倒れている黒い影に気が付きました。
なんとそれはイタチのお母さんでした!

ここから先、グーはいったいどうしたでしょうか。
いたいぐらいに分かっていた子供の気持ちを愛情で受け止め、最後には自分がどんなに傷ついても身をていしてかばう。
そんな、お母さんを見て、ようやくオオカミのグーが胸をはって・・・
おそらくこの絵本はお子さんに読んでもピンとは来ないかもしれません。
読んであげるとしたら思春期を迎えた頃が一番いいのかもしれません。
でも、読んであげるお母さんの胸にはいつでもグッと迫るものがあるのではないでしょうか。
母親の無限の愛をそれぞれの立場で感じられる絵本だと思います。

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:30 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森 宮西達也 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実際に絵本を開いて読んでなくても、ここまでのブドリさんの説明だけで、もう十分グッときて、ウルウル寸前です。

母が子を思う気持ち。
それは血がつながっていなくたって、大きくなるまで育てた親の愛情には変わらないでしょうからね〜。

西宮さんの絵本は、涙を流さずにはいられないです。
Posted by なぎママ at 2010年09月29日 08:37
なぎママさん

母親の愛。
この世界で最も大きな愛ですよね。
それをうまく感じられないお母さんたちに一度読んで欲しいと思いますね。
Posted by ブドリ at 2010年09月29日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック