引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年08月23日

抜け殻団地

それにしても暑いですね。あまり暑い暑いというと余計に暑く感じるといいますけど、今年は言わなくても暑すぎて、さすがに勘弁してください、と言いたくなるほど。いつまで猛暑が続くのでしょうか。
熱中症・夏バテには注意してください。

今回はこんなにも暑い夏にもめげずに、大きな声で鳴き続けるセミ、といっても抜け殻をお見せします。
小石川植物園・昭和記念公園・皇居東御苑で撮影してきましたよ。
場所はあかさずに載せたいように載せちゃいます。

抜け殻の会話「ミンミンゼミさん、そんな危なっかしいところにしがみつかなくてもよかったんじゃない?」
「ニイニイゼミさん、夜は暗くてよく見えなかったし、暑さで睡眠不足のせいか、ウトウトしながら上ってきたらここだったんですよ」
「眠眠(ミンミン)打破を飲めばよかったのに〜」


よくもまぁこんな枝先にしがみついて。偉いもんです
枝先に抜け殻


これは枝垂桜の枝先の葉にしがみついている抜け殻さんたちです。
「なぁ、ちょっと、定員オーバーじゃないか?」
「でも、俺たち身軽だから大丈夫だよ」
カーソルを乗せてご覧ください。


ぶら下がりすぎ同じ木の別の枝です。
「なぁ、いくら身軽だとはいってもちょっとぶら下がり過ぎじゃない?」
「もしかしたらさぁ、俺達の先祖がこんなふうにいっぱいぶら下がってたから枝が垂れちゃったんじゃないか?」
「え?マジ?じゃ、俺たち枝垂桜の生みの親ってこと?」
「まさか〜」


傾くユリの花「やっぱ、重すぎじゃない?」
「ユリの花が倒れてきちゃってるよ」
「ユリの花を曲げるような力はないよ」
「まさかユリ・ゲラーって言いたいのか?言わせねぇよ」


ユリの花のそばで「ぼくはユリの花のそばで羽化して、宇宙まで飛んでいこう」
「まさか君の名前は?」
「ユーリイ・ガガーリン」


何階建て?多分ミンミンゼミの抜け殻団地にて
「なぁ、これだけいると窮屈じゃない?」
「そうだなぁ、ちょっとせみーな」
「住替えが必要かも」
「って、みんなもう住み替えしちゃってるじゃねえか〜」



セミファイナル「くそ!落ちちまいそうだ!」
「あきらめろ!お前を落として俺が優勝だ!」
「なにいってんだよ、これは決勝じゃねえぞ。」
「何だって?」
「準決勝だよ。セミファイナル!」


セミとトンボ「一皮脱いでも君みたいに細い体になれなかったよ」
「なに言ってんだよ、僕たちは一皮むけたって鳴けないんだよ。だからずっと跳び回ってお嫁さんを探さなきゃいけないんだ。君たちは鳴くことでお嫁さんを探せるんだから羨ましいよ」
「そうなの?トンボさんは僕たちが羨ましいの?」
「羨ましいけど、羨ましがったって仕方ない。自分らしくがんばらなくっちゃだめだよ」
「トンボさん、ありがとう」


ニイニイゼミ団地ニイニイゼミの抜け殻団地にて
「兄弟が多いっていいなぁ」
「ひとりじゃなくて寂しくないや。もっとうまく泣ける方法を教えてね、ニィニィ」
「オレか?」「オイラか?」「俺っちか?」「俺様か?」
「しまったぁ、みんなニイニイだった!」


ツクツクボウシツクツクボウシは一戸建て
「私はカリンの木に一戸建て。広々としていていいわぁ。セミ界のセレブって呼んで。」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 11:41 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やあ! こちらもすごいですね!!

どうして、こう固まりたがるのでしょう?
なにかわけがあるのでしょうにね、知りたいものです。

そちらはニニゼミが多いのですか?
こちらアブラゼミです。
クマゼミもいましたが、暑さの中にもいつか数が減っています。

自然界は気温よりも日照時間で変化していくというのは本当だと、今年はつくずく感じています。

夜の虫たちも、活動を始めたものの、熱帯夜で翅が加熱して困ってないかしら?
Posted by 森のどんぐり屋 at 2010年08月25日 10:27
すごい沢山のセミの抜け殻ですネ。
大阪では、クマゼミが行列を作って鳴いています。
これも異常気象の影響らしいですネ。

関東では、ニイニイゼミにミンミンゼミですか。
涼しさを感じるセミですネ。
大阪では、未だに、ジイジイ、シャカシャカ、と暑苦しい合唱が続いています。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」は、ニイニイゼミらしいですが、最近、山形でクマゼミを確認したとか…。
Posted by 銭無のとっつあん at 2010年08月25日 19:26
初めて伺いました。
いやぁ〜、写真も記事も、とても面白く見せていただいて、
いい出会いだなぁって、感謝しています。
今夜は満月、東京でもきれいな月の光が見えるでしょうか?
また、お邪魔します。
Posted by Green at 2010年08月25日 21:30
森のどんぐり屋さん

一カ所に固まるセミの習性って面白いですよね。周りに木はたくさんあるのに、いくつかの木に集中しているんですよね。解き明かしたらノーベル賞ですかね(^^)

よく鳴き声は聞きますけどニイニイゼミが特に多くはありませんよ。ミンミンゼミと同じぐらいのように思います。
この暑さの中、よく羽化してくるなぁと感心しますね。


銭無のとっつあんさん

ミンミンゼミは大合唱されると耳をつんざくほどの大きさになって涼めません(^^;)
クマゼミも関東では増えているようです。
熱帯化しているので、北限も上がっていくのは仕方ないことなのか・・・
でも、生態系の変化はいずれ私たちにも影響してくることでしょうから心配ですね。


Greenさん

訪問&コメント、ありがとうございます。
時々、虫や鳥の写真を撮ってはダジャレ混じりに記事をつくっています。
満月も綺麗に見えましたよ。
近いうちに記事にしますのでお楽しみに。
Posted by ブドリ at 2010年08月26日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック