引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年08月13日

東京スカイツリーと花火

ちょっとお休みさせていただきましたが、再開です。

8/7(土)に文京シビックセンターの展望室に行った目的はこちら↓
ついに400mを超えた東京スカイツリーを見るためです。
広角で撮影しても望遠で撮影してもその存在感は増すばかり!
カーソルを乗せて御覧ください。


空の低い層に澱みが見えます。
このあたりをOptioW90のパノラマモードで撮影してみるとこんな感じ。
東京では環八雲といって、夏の暑い日に、環八通りの沿線にそって雲が生じることがあるのですが、東京の東部には環八は通ってないし、雲ができているあたりは首都高中央環状線か環状七号線の上辺りでしょうか。つまり首都高雲か環七雲といったところでしょう。
環境汚染の表れとも言えます。
クリックして大きな写真で御覧ください。
スカイツリー付近パノラマ


さらに8月の土曜日となれば全国的に花火が打ち上がりますよね。
東京では前の週に隅田川花火大会が終わったのですが、まだまだあちこちで花火大会は行われます。
東京スカイツリーから見るとこの8/7(土)は花火大会のオンパレード!
東から北、西方向にかけて、千葉・東京・埼玉、そして条件がよければ茨城は土浦近辺まで見ることが出来るんです。
この日ここから見えていた花火大会は、江戸川区花火大会(東京都江戸川区)、市川市民納涼花火大会(千葉県市川市)、手賀沼花火大会(千葉県柏市)、松戸花火大会(千葉県松戸市)、戸田橋花火大会(埼玉県戸田市)、いたばし花火大会(東京都板橋区)、西武園ゆうえんち花火大会(埼玉県所沢市)、狭山市入間川七夕まつり納涼花火大会(方向から推測)かと思われます。南側も見えれば神奈川方面も見えるのですけどね。
来年はサンシャイン60から全方位確認します。

この花火大会のうち、江戸川区花火大会・松戸花火大会、と市川市民納涼花火大会は東京スカイツリーの方向なんですよ。今回の目的はそれも目当て!

江戸川花火大会とスカイツリーです。カーソルを乗せてどうぞ。


カーソルを乗せてクリックしてどうぞ。


さらにもう一つカーソルを乗せてクリックしてどうぞ。


カーソルを乗せ、クリックすると東京スカイツリーを挟んであわせて4ヶ所で花火が打ち上がっているのが見えます。
江戸川、市川の花火だと思うんですけどね。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:10 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .東京スカイツリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関東平野は、山がないので、少し高いところに登ると遥か彼方まで見渡せるのですね。

そんなに沢山の花火大会が重なっても、スカイツリーからならすべて見えるのですね。

花火に写真、素晴らしいです。(^^♪
Posted by 銭無のとっつあん at 2010年08月14日 22:08
今年も最高の展望席から高みの見物をされてきたのですね〜〜♪

今年、「大きな音が・・・」と言っていたなぎ。
花火の美しさを感じることはできるようになったみたいなので、こういう場所に連れて行ってあげると喜ぶのでしょうね〜!!

さらに東京スカイツリーが見れるとなればなおさらのこと、喜ぶだろうな〜〜♪
Posted by なぎママ at 2010年08月15日 22:27
錢無のとっつあんさん

平野が広がっているので、高いビルに上がればかなり遠くまで見られます。
スカイツリーが完成したらもっと多くの花火大会が見えるようになると思います。
今から楽しみです。


なぎママさん

まだ大きな音が苦手なのですね。
花火の美しさを感じられるようになったのなら、こういうところで見ることから始めたらいいかもしれませんね。
Posted by ブドリ at 2010年08月15日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック