引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年08月01日

「きこえる きこえる なつのおと」

真夏の太陽が照り輝く、輝きすぎてるかもしれませんけどね。

きこえる きこえる なつのおと (世界の絵本コレクション)
きこえる きこえる なつのおと (世界の絵本コレクション)マーガレット・ワイズ ブラウン レナード ワイズガード

おすすめ平均
starsマフィンと一緒にまきばにきている気分
starsマフィンと一緒にまきばにきている気分

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「きこえるきこえるなつのおと」
マーガレット・ワイズ・ブラウン 作  レナード・ワイズガード 絵
よしがみ きょうた 訳    小峰書店

子犬のマフィンを乗せた車は、町を出て、森を抜け、牧場を目指します。
夏の牧場はとてもにぎやか。
その先々でマフィンの耳に聞こえてくる音。
ピーピー、パカッパカッ、ゲロッゲロッ、ミューミュー、、メエエ、チーチー、いろんな音が聞こえてきます。
一体何の音なのかな?
牧場にいる動物の泣き声や、野花が咲く様子などを音から連想させてくれます。
お子さんはわかるでしょうか?
ぜひ確認しながら読み進めてくださいね。
そして最後に聞こえてきた大きな音はなんでしょう?
そう、真夏といえば・・・
それは読んでのお楽しみ(^^)

ひと夏の思い出を、音を中心に感じてみるのも面白いですね。
みなさんのまわりではこの夏はどんな音に包まれているでしょうね。
お子さんたちはどんな表現をしてくれるでしょうね。

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:20 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界の夏の音はいろいろあるのですネ。

日本では、セミが一番にきそう。

最後に聞こえた大きな音は、夕立とともにやって来た「雷さん」でしょうか。
Posted by 銭無のとっつあん at 2010年08月02日 19:02
雨音の後は、夏の音とは(^^)
夏大好き人間としては、一緒になって想像力を膨らまさずにはいられないです!!
そして私にとって夏の音と言えば、やっぱり大きな大きな波しぶきの音かな〜♪
Posted by なぎママ at 2010年08月02日 21:34
錢無のとっつあんさん

日本の夏と言えば一番はセミですよね。
でも今年は暑すぎるせいかセミの鳴き声が非常に少ないのが気になります。
最後に聞こえた音は、ピンポン!正解です。


なぎママさん

なぎママさんは夏が好きでしたね(^^)
大きな波しぶきの音は、間違いなくなぎくんにも聞かせてあげたい音ですね。
波も怖がらずにお相手してくれそうですね。
Posted by ブドリ at 2010年08月02日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック