引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年07月23日

川崎大師 風鈴市 2010 風鈴

川崎大師風鈴市で風に揺れ、いい音色を奏でていた風鈴の一部をお届けします。

福島 喜多方風鈴
オーソドックスな形やデザイン。
これならどこの家でもあいそう!
ラーメンは付いてきませんよ。
カーソルを乗せて御覧ください。


北海道 どさんこ風鈴
涼し気な色形です。
カーソルを乗せて御覧ください。


東京 江戸切子風鈴
さすが切子です。このデザインは光が通るととても綺麗でした。
カーソルを乗せて御覧ください。



川崎 創作ガラス風鈴
たしかに独特な形もありましたね。
カーソルを乗せて御覧ください。


九谷焼風鈴石川 九谷焼風鈴
朝顔の絵などが描かれていて、ガラスとは違う焼き物の静かな音色です。


長野 諏訪ガラス風鈴
デザインがとても繊細で綺麗でした。
手で触るのが怖いぐらい!
カーソルを乗せて御覧ください。


大分 別府竹風鈴大分 竹風鈴
竹細工というと別府。
中に南部風鈴を入れて、竹細工で囲っています。
この風鈴は細工を楽しんで欲しいと室内に飾ることをおすすめしています。


沖縄 びーどろ風鈴
ガラス風鈴です。
カーソルを乗せて御覧ください。


佐賀 伊万里焼風鈴
佐賀といえば焼き物。
絵柄が夏らしくて可愛い!
カーソルを乗せて御覧ください。


佐賀 有田焼風鈴
佐賀の焼き物といえば、もう一つ有田焼。
絵柄がしっかりと有田焼です!
カーソルを乗せて御覧ください。


最後はなぎママさんにご紹介!
愛知県 瀬戸焼風鈴です。
なんで瀬戸焼?なんて言わないで風鈴を見てください。
説明は入りませんよね。
カーソルを乗せて見てください。


残念ながら、たくさんの風鈴の音まではお届けできませんが、どんな音色がするか耳を澄ましてみてください。聞こえてくるかもしれませんよ(^^)

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:40 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | .イベント・風物詩  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涼しげな音色が聞こえてくるようです。(^^♪

ガラス、陶磁器、鉄などそれどれの音色は違うのですが、みな同じように涼しい音が出るのですネ。

石川県の九谷焼の銅鐸型の風鈴が良いですネ。
銅鐸も涼しげな良い音がでる魔除けの道具か楽器だったかも知れないです。
Posted by 銭無のとっつあん at 2010年07月24日 22:45
風鈴はたくさんあるとうるさく感じるのでは?と思うでしょうが、風に吹かれて一斉に鳴り出しても心地よい響きなんです。これにはさすが伝統の味だと思います。

銅鐸が楽器!
音霊を大事にしていたはずなので、たしかにそれはあることかもしれませんね。
Posted by ブドリ at 2010年07月25日 23:42
その土地土地の特色があって、どれも甲乙つけられるものではないですね〜♪
と言いつつ、お気に入りは、諏訪ガラス、沖縄ビードロかな〜〜、なぁんて見ていたら、なぁんてステキなプレゼントなんでしょ!?
こんな形でお持ち帰りしていただけていたなんて嬉しい限りですありがとうございます(^^)


そうそう、ブドリさんの説明よりまず先にカエルの風鈴に釘付けだったので、「なぜ瀬戸焼?」とは思わなかったのですが、
「なんで瀬戸焼?なんて言わないで」との説明に、あれブドリさん、私の旧姓、知っていたっけ・・・??なぁんて思っちゃいましたよん(^^)
Posted by なぎママ at 2010年07月26日 21:33
なぎママさん

この中から1個選んで買う人ってすごいわ〜
よく選べますよね。

そうそう、なぎママさんのPCのアドレスに入ってましたよね。それがなんとなく頭の隅っこにあって、関係ありそうな気がしてたんです(^^)
Posted by ブドリ at 2010年07月27日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック