引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年07月12日

浅草ほおずき市

前回は思わぬ形で会うことになった悠真をお届けしましたが、今回はしっかりとほおずき市をお届けします。

ほおずき市の日は 「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、浅草寺の「功徳日」にもあたり、この日にお参りすると「四万六千日分、日参したのと同様の功徳を得られる」との言い伝えがあります。なぜ四万六千日かというと、四六時(一日)の千日分が四万六千だという説や、お米の一升は四万六千粒にあたり、一升と一生を掛けてこの日にお参りすると一生無病息災になれるのだという説など色々あります。
 この市は、芝の愛宕(あたご)神社の縁日に始まり、「ほおずきを水で鵜呑(うの)みにすると、大人は癪(しゃく)を切り、子どもは虫の気を去る」といわれるなど薬草として評判であったようです。その愛宕神社の縁日は観音さまの功徳日にならい四万六千日と呼んでいたのですが、やがて「四万六千日ならば浅草寺が本家本元」とされ、ほおずきの市が浅草寺境内にも立つようになり、かえって愛宕神社をしのぎ盛大になったと伝えられています。

吊るされたほおずきと風鈴をマウスオン・クリック(写真にカーソルを乗せて・クリック)でどうぞ。


色づくほおずきと網目になったほおづき。どちらもほおづき!
マウスオンでどうぞ。


五重塔とほおずき市 ほおずき市と五重塔

ほおずき市の屋台と浅草寺の五重塔。
いつの時代も変わらぬ風景かもしれない。


こちらはただいま日々変わりゆく風景。
建設中の東京スカイツリーがこんなところに頭を出していました。
第1展望台の形はコマが回っているような感じですね。
ほおずきと東京スカイツリー


東京スカイツリーが見えることに気がついてうまく撮れる位置を探しまわっちゃいました。
威勢のいい掛け声は東京スカイツリーに届いているのでしょうね。
マウスオン・クリックでどうぞ。


「首伸ばし ほおずき市を 見下ろして」


完成した東京スカイツリーからほおずき市を見下ろす風景もお届けする日が来るでしょう。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:30 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | .イベント・風物詩  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「朝顔市」に続いて「ほおずき市」、関東では、「○○市」と言うのが多いですネ。

関西では、縁日に特別なモノを売るところはほとんどないですネ。
これも、文化の違いなのでしょう。

東京スカイツリーから「ほおずき市」を見るとどうなるのでしょう。
楽しみにしておきます。
Posted by 銭無のとっつあん at 2010年07月13日 22:38
ほおずき市も訪れたいと思いながらいまだかなわずじまいなので、今年もここで楽しませていただけて嬉しいです(^^)

鮮やかなオレンジ色のほうずきと、涼しげな風鈴の姿、、、いよいよ夏本番ですね!!
Posted by なぎママ at 2010年07月14日 12:31
錢無のとっつあんさん

たしかに関東では「〇〇市」というのが多いですね。
江戸時代の名残なのでしょうが、文化の違いも混じって面白いものですね。

完成したスカイツリーとほおづき市その他の組み合わせが楽しみです。


なぎママさん

今年はうまく土曜日にぶつかりましたけど、なかなか来れませんよね。
来年は土日ですからチャンスです!
今年は梅雨のような曇り空は多いのですが、実際に雨が長く降るということはないのに、西日本では大雨になってる変な梅雨ですね。
被害が拡大しないように祈ります。
Posted by ブドリ at 2010年07月14日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック