引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年01月28日

氷の張った池で その1

もう10日以上も前の写真になりますが、お付き合い下さい。
この時期に私の定番ともいえる撮影対象が二つあります。それは渡り鳥の鴛鴦(おしどり)と氷の張った池。
氷の張った池は林試の森で(氷が張って)お見せしましたが、私が求めているのはこんなものではない。
この二つを同時に満たしてくれるところが、東京にはあるんです。
しかも、毎年、初詣日本一の明治神宮にあるんです。
結構知らない人も多いのですが、明治神宮の本殿の裏手にはひっそりと神宮の杜があり、北池・南池があるんです。
この池に、毎年のようにオシドリがたくさん飛来し、越冬します。そして、このうちの南池は毎年、8割ぐらい氷が張るんです。
1/17(日)、この日も朝からよく冷えて、とても寒い一日でした。これなら今年も間違いない!と明治神宮にでかけることに。実はこの日は、朝一で林試の森、正午ごろにはドクターイエローの撮影、その足で明治神宮と大忙しの一日。
もちろんまずは参拝、というわけなのですが、この時期になっても長い参拝の行列が!去年はこんなことなかったのに、やはり不況の影響で神頼みなのでしょうか。
無事に参拝を終えて、いざ杜の奥へ!

やったー!やっぱり思った通りビッシリと氷が張ってる!こちらは南池です。9割ぐらい氷がはってます。
夕日が当たった南池をマウスオンでどうぞ。


上の写真の右側にある芝生広場から見るとこんな感じ。この池の全体が日影となる時間が長いのでよく氷ります。マウスオンでどうぞ。
面白いのは氷の上の模様。石を投げる人が多いのでその転がった痕なのか氷る時にできたものかよくわかりません。マウスオンすると現れる写真の右上にオレンジ色がわかりますか?氷の下を鯉が泳いでいます。


明治神宮北池そして北池に目を向けると・・・北池まで少し氷ってる!初めて見ちゃったりして!
氷ってるのは真ん中辺りから下の方のモヤモヤっとしてる部分です。わかりますか?


ちょっと眺めてると・・・カモが氷の上を歩いちゃってるカモ!
氷上のカモ


カルガモが氷の上でスケートでーす!
マウスオン→クリックでどうぞ。
足が滑って、いつもより歩幅が大きくなっちゃってまーす!


マガモも氷の感触を楽しんでるようですよ。マウスオンでどうぞ。


カモたちは簡単に氷の上に上がってると思うでしょ?
午後になってますから、氷だっていつまでも固いわけじゃないんですよ。油断すると・・・マウスオンでどうぞ。


上れたと思っても・・・マウスオン→クリックでどうぞ


「氷上に 上れるかもと 油断すな」


今回の最後に南池の方に戻ります。
夕日が指す南池の氷の上を歩くカルガモくん。光の中に溶けていきそうです。
夕日に溶けいるカモ


「氷上で 表情見せぬ 鴨一羽」


明治神宮に行かれたときはぜひ、四季折々の景色を楽しめる神宮の杜の散策も楽しんで下さい。

あれ?オシドリは?ですよね。それは次回。お楽しみに。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:20 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
氷の上を歩くカモの姿を見たのは、はじめてかも〜〜(^^)

猫と違って、落ちてしまっても問題ないから安心してみていられるし、可愛らしいですね〜!!

そんな可愛らしい姿も、夕陽が差し込むスケッチでは、なんとも神秘的で、物語のワンシーンみたい(^^)
とっても素敵です!!
Posted by なぎママ at 2010年01月29日 17:17
なぎママさん

私も氷の上を歩くカモの姿は初めてでした!
普段の歩き方も可愛いのに、氷の上だと足が滑ってよちよち歩きになってさらに可愛さが増してましたよ。

ここは西日がさして来た時がきれいなので午後に行くことをお薦めします。
Posted by ブドリ at 2010年01月30日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック