引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年01月21日

霜柱

ここ2、3日は暖かい日が続いていますが、それまでは寒かったですね。朝の冷え込みもきつくて大変でした。
だからといって、布団の中でぬくぬくとしてちゃいけませんよ。
16日(土)も17(日)の朝も8時過ぎ、ここのところずっと冷え込んでるし、木々に囲まれた林試の森なら池に氷、そして霜柱もしっかり育ってるだろうと、撮影しにいっちゃいました。まるで子供のようでしょ(^^;)
案の定、池には氷が張り、霜柱もしっかり育ってましたよ。
どちらも別に珍しいものではありませんが、今回は見つけると誰でも近寄りたくなる霜柱をお届けします。

霜柱のでき方はいろいろなところに載ってますし、でき方を想像するのも楽しいので割愛します。
ちなみに霜柱は英語で frost crystals、frost needles、ice column、needle-like ice などの呼び方があるんですよ。

ほらほら、霜柱が!でも、踏まれて崩されて、露出したところなんですよ。踏むとザクッ、ザクッと楽しいですから誰でもやりますよね。
マウスオンでどうぞ。


霜柱にズームイン!マウスオンでどうぞ。


こんな霜柱をちょっとだけ取り出してじっくりと観察です。
1本1本は実に細いのですが、これだけ集まって土を持ち上げるんですよね。小さな力も集まれば大きいんだと教えてくれます。
これを見るとfrost needlesというのがわかりますよね。
霜柱


これだけ綺麗だと、ちょっと遊び心が騒ぎ出しちゃいました。朝の光に当ててみると・・・


おや?霜柱が浮いてる?なんてね。マウスオンでどうぞ。
寒いので手袋をした手で霜柱を日にかざして見たんです。


ちょっと戻りますけど、霜柱にズームインの写真をよく見ると、霜柱が2層になっているのがわかりますか?ちょっと掘り出して見たら霜柱が2層の氷の塊になってました。霜柱がちょっと溶けて溶けきらないうちにまた夜になり、溶けた水分が再び霜柱として上に成長して、2層になったんでしょうね。霜柱も奥が深いですよ。マウスオンでどうぞ。


どうでしたか霜柱。
たかが霜柱、なんてバカにしちゃいけませんよ。
ザクッザクっと踏むのもいいですけど、じっくりと眺めてみて下さい。
思わぬ発見があるかもしれませんよ。

「霜柱 黙って大きな 仕事をし」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:47 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々 冬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すご〜〜い!!
いいですねえ。
こちらは霜柱なんて、一冬に一度見れたら大感激の世界です。

あの透明な輝きは感動モノなんですが・・・
Posted by 森のどんぐり屋 at 2010年01月22日 15:08
霜柱をゆっくり観察できるなんて素晴らしいです。
私の、ウォーキングコースでは見ることはほとんどないです。

先日は、安威川に薄氷が張っていましたが、それを見るだけで、寒さよりも、何か嬉しくなるのは私だけでしょうか。
Posted by 銭無のとっつあん at 2010年01月22日 23:02
霜柱をザクザク踏むの楽しいですよね〜!!
毎朝なぎと、どっちがたくさん踏めるか競争しているのですが、こうしてじっくり観察したり、手にとって見たことはなかったです(^^;

よ〜し来週も出来ていたら、早速手に取ってみよ〜っと(^^)
って、「明日」じゃないのは、日曜日はおねぼうさんで霜柱がとけてなくなってしまった頃に活動しだすからで〜す(^^;
Posted by なぎママ at 2010年01月23日 11:09
森のどんぐり屋さん

そうなんですか?こちらでは霜柱は見られるところは限られていますが、真冬には確実に見られます。
こちらでは凍露などは見られない分、霜柱が見られるのでしょうかね。
どんぐり屋さんが霜柱を観察したら、どんな世界を発見するのかなぁ、なんて考えながら光に当てたりしてたんですよ(^^)
この冬、見られるといいですね。


錢無のとっつあんさん

ゆっくり観察出来るのはこの林試の森の夕方近くまで日影となる池の近くだけですけど、確実に冬は観察可能です。というより、見られるような時間帯に確実に行けるのがこの辺しかないんです。
安威川に薄氷がはるのですね。この公園の池に氷が張るのを楽しみにしている私ですから、安威川でも嬉しくなって撮影に夢中になってると思いますよ(^^)


なぎママさん

なぎくんとザクザク踏んでるんですか!
とっても楽しそうですね(^^)
なぎママさんの周辺ならしばらくは霜柱が見られそうですからいろいろ楽しんで下さい。
横から見たりしながらなぎくんがなんていうのか楽しみですよね!
Posted by ブドリ at 2010年01月24日 09:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック