引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年01月09日

寒牡丹と

1/4(月)。この日は冬休み最後。翌日からの仕事に備え、家でのんびりしようかとも思ったのですが、牡丹の季節だなぁと、ふと頭に浮かびました。候補は上野東照宮の牡丹園。まだつぼみが多く見頃はもう少し後らしかったのですが、平日のほうが人が少なくて見やすいとの判断で行くことにしました。

確かにまだまだ蕾のものもあってちょっと寂しげではありましたけど、人が少なくてのんびり撮影出来る好状態でした。

二季咲き性の牡丹の春につく蕾をつみ取り、夏の終わり頃に葉をつみ取って花期を遅らせ、藁の霜囲いをして暖かいところに保護することで冬に開花させるそうです。
マウスオンでどうぞ。


この牡丹園は、歴史的なものと一緒に撮影出来る好立地。
ボタンと五重塔牡丹の後ろに大きな灯篭が見えますか。これは東照宮の参道に並ぶ大灯籠です。その後ろに五重塔があります。これは寛永寺の五重塔ですが、今は上野動物園の敷地内にあります。


寒牡丹と灯篭築地塀を隔てたすぐのところに大灯籠が立ち並んでいます。これは寛永慶安年間に諸大名が奉納した物で全48基あり、国指定重要文化財です。


寒牡丹と五重塔。いろいろな角度からのぞむことができます。


牡丹の花は大きいのですが、花びらは非常に繊細で、日に透けたところが綺麗なんです。マウスオンでどうぞ。


夕日を浴びて赤さが増した寒牡丹も魅力的。寄り添って咲いて恋人同士のよう。
マウスオン→クリックでどうぞ。


「寒牡丹 寄り添い合って 頬染めて」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:40 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 花歩記 冬の花 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寒牡丹、ステキです。
暖かそうで・・・昔の人のアイディア、素晴らしいものがありますね。
温室で咲いているより、よほど風情があって日本的ですよね。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2010年01月10日 16:23
森のどんぐり屋さん

温室で咲いているよりも藁をかぶって雪ん子のように咲いている姿は綺麗でもあり、可愛くもあっていいものですね。
Posted by ブドリ at 2010年01月11日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック