引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年01月07日

お月様と富士山と

二日続けて富士山の登場です。
7日午前中、ある目的のためにまたまた多摩川浅間神社に行ってしまいました(仕事は午後から)。
よく晴れていたので、もちろん富士山を見るためでもありました。
今回の本当の目的は別。
まずは一枚見てもらいましょう。

下弦の月と富士山9:53
わかりますか?ちょっと上の方に写っているお月様が!お月様が富士山の近くに沈んでくるのを撮影出来るタイミングをずっと狙ってたんですよ。


午前中に月が沈むのは下弦の月の頃。かといって必ず富士山の近くに沈むというわけでもない。見る場所によって月との位置が違うし、富士山の近くに見えても夏は暖かくて富士山が見にくいので、空気の冷えている冬がベストなんです。
で、見る場所を選んで、月の沈む場所を予測。富士山の山頂に沈むのが見えそうな位置もありましたが、時間的な制約もあり、一番いい日いい場所がたら2010年1月7日 午前10時頃の多摩川浅間神社だったんです。

Fuji-moon.bmpカシミールというソフトで予測した図がこれです。
一番上が10時、山に入る頃が10時半。
撮影した後、一旦家に戻ってから会社に行くにもちょうどいい場所と時間だったんです。


9時59分。富士山の左上空に見えました!
富士山上空の下弦の月


富士山の真上に来た下弦の月が徐々に降りて行く様子をごらん下さい。
月が沈んで行くと太陽が上がって明るくて見にくくなってきますが、目を凝らしてよく見て下さいね。


ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
10:13 下弦の月が富士山の真上に、キター!!
真上!
10:20 富士山の斜め上。
右斜め上
10:25 富士山のちょっと斜め上
右斜めちょっと上
10:26 山頂から右方向へ
山頂の横の方

残念ながらこの後は明るさと地表付近の空気によって見えなくなってしまいましたが、いいもの見ましたよ。

もう一度、上弦の月が真上に来た写真をお届けします。
雪をかぶった富士山とお月様っていいですねぇ〜
上限のお月様と富士山


「寒空に 月を伴う 富士の山」


この組み合わせを太陽は指を加えて見ていたわけではなくて、こんなきれいな彩雲で歓迎してました。下弦の月ですから、月に向かうと太陽はちょうど左横。月を見てたら太陽は見えないのになんで気づいちゃったんでしょうね。実は太陽に肩を叩かれちゃいました。な〜んてね。
彩雲


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:45 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 富士山  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり富士山が主役ですね。
いくら美しいお月さんも、富士山には敵わない。

でも、凄い予測ができるのですね。
こんなことが、卑弥呼の時代にわかれば、いつまでも女王に君臨できます。
Posted by 銭無のとっつあん at 2010年01月08日 19:26
お正月ですから〜、何度富士山が登場しても絵になりますね〜(^^)

カシミールというソフトで、月の沈む位置が予測できるのですか!?
それにしても、見事に合っていて、すごいですね〜。

そうそう、部分月食を我が家の西側の窓から見ていたんですけどね、方角的には、ちょうど富士山に向かって沈んでいくように見えたんです。
なので、外に出て、山の上から見ていたら、月明かりを浴びて浮かび上がる富士山とお月様が見れるんじゃないかなぁ〜〜、と思っていたのですが・・・、寒さには勝てませんでした(^^;

月明かりを浴びて闇夜に浮かび上がる富士山の姿、それはそれは見事なんですよ〜!!
私のカメラの腕では、到底撮影なんて出来ませんので、ブドリさんにも一度見て欲しいです(^^)
Posted by なぎママ at 2010年01月08日 19:34
銭無のとっつあんさん

富士山はいつ見ても綺麗な山ですよね。
お月様も負けてはいないのですが、ちょっと控えめにしてくれたみたいです。

いえいえ、卑弥呼の時代のほうが上ですよ。
卑弥呼の時代には、月は生活の基本でしたから、ソフトなど使わなくても今の時代よりももっと正確にいつどこに沈むってわかってたと思いますよ。


なぎママさん

カシミールは月だけじゃなくて太陽もわかるので、ダイヤモンド富士の予測にも活躍してますよ。
月食の日の位置を調べたら富士山の西側でしたね。きっと月明かりを浴びて浮かび上がる富士山が見えたはずですよ!
それも魅力的!
でも、時間が遅いですよね(^^;)
Posted by ブドリ at 2010年01月09日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック