引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年12月11日

九品仏・三仏堂

九品仏浄真寺の紅葉・黄葉最終回です。

九品仏の名の由来
寺内には本堂と向き合う形で三仏堂(上品堂・中品堂・下品堂)が立ち並んでいます。このお堂のそれぞれに三体ずつの阿弥陀如来像が収められています。
両手をヘソの下で組む上品(じょうぼん)、両手のひらを私達の方に向ける中品(ちゅうぼん)、右手を上げて左手を下げる下品(げぼん)の3種類。さらに、それぞれの指の組み方で上生(じょうしょう)、中生(ちゅうしょう)、下生(げしょう)の3種類があり、3×3=9種類の阿弥陀様が安置されています。
これが九品仏の名の由来です。

その三仏堂をお届けします。

真っ赤なカエデの向こうに佇む上品堂です。マウスオンでどうぞ。


上品堂の入り口に映る黄葉です。ちなみにこの入口からは入ることはできず、ガラス越しに拝むしかありません。
マウスオンでどうぞ。


イチョウとカエデの奥にじっと控えている中品堂です。
マウスオン・クリックでどうぞ。


カエデとイチョウの間から覗いてみた下品堂です。
マウスオンでどうぞ。


紅葉からはちょっと離れて仁王門の脇にひっそりと控えている庚申塔群です。庚申塔には当時の庶民の面影が垣間見えるんです。街角に立つ小さな石像も大事にして欲しい物の一つです。
庚申塔


九品仏浄真寺の最後にみなさんはこの紅葉に何を感じますか。
ひとつの大きな世界を感じた私でした。
侘と寂


「静けさに 色付け過ぎる 秋の末」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:41 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | .木々の色づ記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅葉に黄葉と色とりどりでたっぷり楽しめそうですね(^^)

山のような落ち葉ももちろんですが、なぎはお寺が大好きなんですよ!!
なぜでしょうね〜、周囲とはちょっと違う空間だからなかな・・・、仏様の存在を肌で感じ守られているような安心感があるのかな・・・、前世で何かあったかな!?なぁんて思うくらいですよ(^^)

来年、楽しみに待ってま〜〜す!!
Posted by なぎママ at 2009年12月12日 11:41
三仏堂(上品堂・中品堂・下品堂)があるとは、大きな立派なお寺ですね。
一つのお堂に九体並んでいる所が多いと思います。
奈良の浄瑠璃寺も本堂に九体並んでいました。
仏教にも造詣が深いようですね。
私も、学校で仏教学、日本仏教史、東洋宗教史などを勉強しましたが、あまり見についておりません。
ただ、仏教を宗教としてではなく、素晴らしい教えだと感動しました。

この景観は、西方浄土そのものなのでしょう。
幸せな気分を味わうことができました。
ありがとうございました。m(__)m
Posted by 銭無のとっつあん at 2009年12月12日 23:50
なぎママさん

人は多いですけど落ち着いた雰囲気の中で楽しめますよ。
なぎくんはお寺好きなんですね。また、私と気が会っちゃいました(^^)
なぎくんにも楽しんでもらえるようにルートを考えておきますね!


錢無のとっつあんさん

仏教に造詣が深いというよりも、行ったところはちゃんと調べて知っておかなきゃ勿体無いという気持ちですね。特にお寺などは知ってると知らないとでは一つ一つの見方・捉え方が深くなって想像も膨らみますからね。
私も宗教としてではなく心の有り様、自然の有り様を教えてくれるモノだと思っています。
このお寺は、境内は3万6千坪、三仏堂(上品堂・中品堂・下品堂)各堂丸柱36柱、本堂ケヤキ柱36柱など、「みろく」に因んだ数字でまとめられており、すべてが極楽浄土です。
Posted by ブドリ at 2009年12月13日 09:22
3と6で「みろく(弥勒)」とは、洒落ていますね。
今は菩薩ですが、遠き未来に、釈迦にかわって私たちを導きに来られる、そのことも踏まえた設定になっているのですね。

中国では、弥勒菩薩の化身として、「布袋さん」が、にこやかに見守ってくれています。
Posted by 銭無のとっつあん at 2009年12月13日 11:26
錢無のとっつあんさん

極楽浄土には別け隔てもなく、何も違いはないということなのでしょうね。
Posted by ブドリ at 2009年12月14日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック