引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年12月09日

師走の富士山 夕景

昨日の続きです。
都庁展望室に上り、富士山の見える窓に行くと遠くに見えました富士山!

師走といっても暖かいんですね。ちょっとぼんやりしてますけど、雲の上に頭を出して、
富士山 夕景


まさに唱歌「富士山」そのままです。
富士山   作詞 巌谷小波
一、
  あたまを雲の上に出し
  四方の山を見おろして
  かみなりさまを下に聞く
  富士は日本一の山
二、
  青空高くそびえ立ち
  からだに雪の着物着て
  霞のすそを遠く曳く
  富士は日本一の山

富士山を神々しく照らす太陽はこの位置にあります。
これが16:05。この後どんどん夕日が沈んでいきます。
富士山と夕日


夕日が沈んでいく様子をどうぞ。クリックすると別画面で沈んでいきます。16:10から1分間隔で16:20までの出来事です。1分を2秒に縮めてます。
富士山と雲に入る夕日


こうして見ていると太陽が沈んでいく(地球が自転する)速さがわかるんですよ。早いでしょ。よく人間は立っていられるものだと、変に感心しちゃいますよ。

富士山の変化をお届けします。16:06から16:49までの間隔は不定ですが、撮影した自分でいうのもなんですが、綺麗です!
クリックして別画面でどうぞ。
富士山


夕日が沈んでからの空の色をマウスオン→クリックでどうぞ。
16:24→16:39→16:51です。
3枚目はちょっと暗すぎちゃいましたけど、暗くなるのがはやいのが分かります。


日が沈むと、次々に街の灯がともり、くつろぎの時間が始まるのでしょう。
楽しかった一日、嬉しかった一日、腹がたった一日、悲しかった一日、がっかりした一日、いろんな一日を富士山は何も言わずそっと見守ってくれてるんですよ。
私はもちろん綺麗な富士山を一日中堪能できて最高にいい一日でした。
富士山に感謝。
遠くから見ても四季折折の姿で楽しませてくれる富士山はやっぱり最高です!
灯ともる


余談ですが、富士山を見ると唱歌「富士山」をいつも思い出すんです。私が小学校で習ってきてから、よく歌っていたと母によく言われたものです。カセットテープに吹き込んだ事もありました。
そんな思い出もあって、富士山はとても大きな存在なんです。
やっぱり「富士は日本一の山」です。

「富士の山 静かに佇む 冬茜」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 08:20 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 富士山  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜、まさに歌のとおりですね〜、すご〜いキレイ♪♪

私もこの歌、大好きです(^^)
そしてなぎも!!

で、なぎの歌、私も録音してありますよ〜♪♪

お母様の想いもよ〜くわかるように思います(^^)

私とブドリさんのご縁。
出会いは富士山、繋がりはお月様。
どちらもなくてはならない存在ですね!!
Posted by なぎママ at 2009年12月09日 10:08
ブドリさ〜ん、
「夕日が沈んでいく様子」と「富士山の変化」が見られないのは、我が家のパソコンだけかしら・・・!?
Posted by なぎママ at 2009年12月09日 10:10
その日本一の富士山が気軽に見れるのは良いですね。
何とか富士は、各地にあるのですが、やっぱり本当の富士山がいいです。

富士山は、日本人の心のふるさとです。
Posted by 銭無のとっつあん at 2009年12月09日 18:30
なぎママさん

唱歌「富士山」をなぎママさんもなぎくんも好きなんですか!近くで見上げながら歌うとさらにこの歌が実感出来るのでしょうね。
歌も録音してるなんて、また一つ繋がり発見ですね(^^)

変化の様子は設定ミスでした。
ありがとうございます。


銭無のとっつあんさん

確かに全国に◯◯富士はありますけど、本家富士山を比較的気軽に見られるのはありがたい事です。
富士山を見てると心が落ち着くのは私だけではなく日本人の心の故郷だからですよね。
外国の方も富士山を見ると「ビューティフル!」と言って感動しているので日本人だけでなく人間の心に訴えかける何かを持っているのですね。
それだけに日本人が一番大事にしなくてはいけない山ということですね。
Posted by ブドリ at 2009年12月10日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック