引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年01月24日

「フレデリック−ちょっとかわったのねずみのはなし」

今日の絵本は 『スイミー』のレオ・レオニと谷川俊太郎(訳)のコンビによる「ちょっと かわった のねずみ」フレデリックのお話

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし谷川 俊太郎

おすすめ平均
starsのねずみ
starsそう いう わけさ!
starsフレデリックのような人になりたい
stars大好き!ゆかいなねずみフレデリック
starsこれぞ!絵本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし」
レオ・レオニ 作    谷川 俊太郎 訳
好学社

牧場に沿った石垣の中に、おしゃべりのねずみの家がありました。
お百姓さんが引っ越してしまったために、納屋は傾き、サイロはからっぽに。
おまけに冬が近づいています。
仲間の野ねずみが、冬に備えて食料を貯えている夏の午後、フレデリックだけは何もせず、ぼんやり過ごしていました。
みんなは「なんで働かないのか」と聞くと、フレデリックは
「色を集めてるんだ。」
「おひさまの光を集めてるんだ。」
「言葉を集めてるんだ。」
と答えます。
さぁ、いったい何のためにこれらのものを集めているのでしょう。
やがて冬が来て、食料も尽きてしまいました。
ここで、フレデリックの集めていたものの出番です。
さぁ、どんなふうに役に立つのでしょうか。

フレデリックってちょっとかわった、というよりも、かなりかわってます。
でも、これがいいんです。
お金やモノなど目に見える物や量で評価しがちな現代。それも確かに大事な側面です。
でも、大事なものはやはり目に見えない心なのではないでしょうか。
不景気の現代を見てください。
まさにフレデリックの中の冬と同じです。
このフレデリックのように何もしないでいいとはいいませんが、心の余裕を持つことはできますよね。

お子さんもそう。
ちょっとかわった考え方をする、変わったことをする、もしくは、「あの子は変なことをいうんだよ」なんてことがあったら、この本を読んで一緒に考えて下さい。
それは個性の一つと受け入れてあげることを。
受け入れる心の余裕を持つことを。


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!
 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:00 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この絵本、見かけたことはあったのですが、中身をみた事はなかったので、そんなに面白いお話が展開されているなんて、思ってもいませんでした〜!!
フレデリックはなにを集めていたのかしら・・・、気になる気になる(^^)

目に見えない心って、子育てをしている親にとっては、最も大切にしたいと思っていることではないでしょうか。。。
子供の個性もまた、大事な大事な財産でね〜♪
Posted by なぎママ at 2010年01月25日 17:17
「色を集めてるんだ。」
「おひさまの光を集めてるんだ。」
「言葉を集めてるんだ。」
何のために集めているのか、理解できないですが、きっと、意外なことに役に立てるのでしょう。

心も個性も大事なものですね。
個性を生かせないのが日本人の最大の欠点だと思います。
農耕民族の習性かも…。
Posted by 銭無のとっつあん at 2010年01月25日 21:04
なぎママさん

話でまわりを和ませるフレデリックは、旅行記でまわりを楽しませるなぎママさんみたいかな。
読み返していて、そう思いました。あのコメントも絵本の一部かも。
子供の個性を尊重するって大事なことだけど、なかなか難しいんだろうなって、悠真やまわりの子供達を見てると思いますね。でも、ほんとに子供の財産として見守ってあげなくちゃですよね。


錢無のとっつあんさん

集めていたものは生かす力もそうなのですが、フレデリックは先の先を見ていたんだ、と気付かされました。目先のことを考えるのも個性、その先を考えるのも個性、いろいろな個性がかみ合うことが大事だとも教えてくれているのかもしれません。
Posted by ブドリ at 2010年01月26日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック