引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年12月27日

「十二支のおはなし」

早いですね。あと数日で2009年も過ぎようとしています。
年賀状はもう出し終わりましたか?
年賀状といえば毎年、「来年の干支は何だっけ?」と悩まされますよね。
悩まされないように、なんで十二支が今の順番になったか、お子さんと勉強して下さいね。

「十二支のおはなし」
内田 麟太郎 文    山本 孝 絵
岩崎書店

年のくれに、かみさまがいわれました。
「しんねんのごあいさつにきなさい。はやいものからじゅんに十二ばんまで、一年かんずつその年のたいしょうにしてあげよう」
どうぶつたちはおおよろこび。
さてさて、その順番は?

ねずみからいのししまで、どのように順番が決まったか。
それぞれのエピソードが、躍動感あふれんばかりに描かれています。
これを読めばどうして十二支の順番が決まったか、ねこがなんで入っていないかもわかりますよ。
ねことねずみの関係、猿と犬の仲など「なるほど」と思いながら読めちゃいます。

いつか、お子さんが干支について気になって来ることがあるでしょう。
この本を読んであげると、『へぇ、そういいことか。』って、納得できると思います。
それよりも、お父さん、お母さんは十二支をきちんと言えますか?
子供に読む前におさらいをしておいた方がいい人もいるのでは?

十二支のおはなし (えほんのマーチ)十二支のおはなし (えほんのマーチ)
山本 孝

岩崎書店 2002-11
売り上げランキング : 94521
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:00 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
十二支の話は、面白いですね。
子供には、納得してもらえるでしょう。

ところで、猫が一番気の毒だと思いますが、真如堂の涅槃図にひっそりと釈迦の死を悲しむ動物たちの目立たない所に描かれていました。

干支の話とは、違うのですが、ネズミを殺していたことが、釈迦からも否定されていたとか…。
Posted by 銭無のとっつあん at 2009年12月28日 21:28
私も十二支のお話大好きで、なぎに干支を教えてあげながら何でこの順番になったのかを教えてあげると、ずいぶん関心を持って聞いていたので、絵本になっているとよりわかりやすくてよいですね(^^)

またこの絵がなんともいい感じですね〜!!
Posted by なぎママ at 2009年12月29日 10:23
錢無のとっつあんさん

十二支の話って、面白いですよね。
興味をもつ時って、突然やってきたりするので話してあげると喜びますよね。

神様の前では猫はちょっと可哀想な存在ですね。


なぎママさん

なぎくんに干支を教えてあげてるんですね。
もうなぎくんも興味を持つ年頃ですか。
枕元で読んであげると喜んでくれるでしょうね。
この絵はどこかの部族のお面みたいな絵で迫力ありますよ。
Posted by ブドリ at 2009年12月30日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック