引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年11月24日

二の酉 目黒・大鳥神社

11/24(火)は酉の日。関東、特に東京では鷲神社(おおとりじんじゃ)を中心として日本武尊(やまとたけるのみこと)を祭神とする神社で酉の市が行われています。
大鳥神社の祭神である日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をし、帰還の時にお礼参りをしたことにちなみ、日本武尊の命日である11月の酉の日に行われるようになったとされています。

一の酉は12日でしたが、あいにくこの日は飲み会(幹事だった)でぬけられず、撮影できなかったのですが、24日はのんびりと撮影に行ってきました。
撮影は家から歩いて行ける目黒の大鳥神社。
大鳥神社この大鳥神社の酉の市の起源はとても古く、浅草の酉の市と並び、江戸時代に始まったものです。
今まで見たことのない人出で、神社の外100mぐらいまで参拝の人の列が続いていました。広くない境内も人で埋まり、例年ならちょっと人は多くても、人の波をよければのんびり撮れたのに、今年は押し合い圧し合いでした。これも不況の影響でしょうか


大鳥神社本殿本殿前は参拝客でいっぱい。
「みんなに福あれ!」


月と大鳥神社東京は一日中曇り空。夜から雨との予報で雲がかかっていたのですが、輪すかな切れ間からお月さまが顔を出し、酉の市をそっと見守ってくれていました。熊手と撮りたかったのですが、その場所からは人が多く、月も見えなくなっていてだめでした。


屋台の軒を突き合わせて、所狭しと並ぶ熊手。その間を熊手を買い求める人が埋め尽くします。マウスオンでどうぞ。


所狭しと並ぶ熊手と、その中から二つほど、マウスオン・クリックでご覧ください。
熊手は運を「かっ込む」、福を「はき込む」といって開運招福・商売繁盛を願った、江戸っ子らしい洒落の利いた縁起物です。
翌年の更なる招福を願って、年々大きな熊手に換えてゆくのが良いとされています。


熊手を買い求めたお客さんには、屋台の衆、周りのお客さんも一緒に家内安全、商売繁盛、開運招福を祈って威勢良く三本締め!
商品額をまけさせて、その差し引いた分を店側に「ご祝儀」として渡すことが「粋な買い方」とされていますが、ご祝儀に決まった額は特にありません。
「よ〜っ、シャンシャンシャン」と威勢のいい三本締めをマウスオン→クリックでどうぞ。
撮影の都合で一本締めみたいに見えますけど、間違いなく三本締めですよ。


もうひとつおまけに「シャンシャンシャン」
マウスオン→クリックでどうぞ


帰りは、来年の酉の市までの1年間、より大きな福をかき込んでくれるように願って、熊手を正面に向け高くかかげて歩くのがいいとされています。

「そこかしこ シャンシャンシャンと 酉の市」

「威勢よく 福をかっ込め 大熊手」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:34 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .イベント・風物詩  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年ももうそんな時期なのですね〜。
つい最近、年が明けたばかりのように思うのですが、もう年の瀬。。。
早いものです。

「粋な買い方」、三本締め、どれもかっこいいな〜!!
やはり一度生で見てみたいものです(^^)
Posted by なぎママ at 2009年11月25日 10:21
「酉の市」のことよく分かりました。
謂れなど一部資料(文章)は、来年使わせていただきたいと思いますが、如何でしょう。

商売繁盛を願う行事は、関西では、年明けの「えべっさん」十日戎があります。
酉の市はなじみが薄いです。
Posted by 銭無のとっつあん at 2009年11月25日 21:23
なぎママさん

あっという間ですよね。
酉の市が終わると、寒さも厳しくなってくるんですよ。これから冬本番、心しなくては!
三本締めは一度は見て、気分を味わってみるのはいいですよ。
探せば神奈川県内でもありますので是非!


銭無のとっつあんさん
私の文章でよければ来年使ってください。

関西では酉の市よりも「えべっさん」ですね。
私はそれも味わってみたいです!
Posted by ブドリ at 2009年11月26日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック