引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年10月30日

後の月

みなさんは10月30日(旧暦9月13日)の月を見られましたでしょうか?
旧暦9月13日の十三夜の月見は、一月前の中秋の名月の月見に対して後の月見と呼びます。
中秋の名月は中国で行われていた行事ですが、こちら十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。
「十五夜の月と十三夜の月はどちらも月見しないと片見月(かたみつき)といって、良くない」とされているんです。

ですから、十五夜を見た以上、この十三夜を見逃すわけにはいきませんよね。
そんな今夜は、可愛いパートナーと一緒にお月見しちゃいました!

悠真と後の月もう誰と見たかおわかりですよね。悠真ですよ〜。
上の方が月で、下の方は街灯ですよ。



夕飯も終わって、お風呂も入って寝間着姿だたというのに、悠真が、「つき、ほし」と言いだして、外に行きたがったんです。
今の時期の月は明るいうちから見えてくるので、公園で遊んでる時にも見えるし、悠真の家からは月が良く見えるのでほとんど日課のように月を見てるんですよ。
というわけで、悠真と月見ができるならばと、おじちゃんの出番です!
でも、こんな遅くにと思うでしょ。でもこれはまだ6時半です。うちの近所の最近登場している公園です。外套の下で撮影したので周りが暗くなりすぎちゃいました。

月と木星つい先日、10/27は月の真下に木星が見えていたので、ゆうママに「月の下に木星が見えてるよ」とメールをしたら、「悠真もつきー!っていってたよ」と帰って来るほど、月好きです。


悠真が〜悠真を入れて写真を撮った後、カメラに気づいた悠真が向かってきたところで、あちゃ〜の決定的瞬間!
勢い余ってダイビングして泣いちゃいました〜!
お風呂にも入ったのに、ごめんよ〜


泣いた後は私のカメラをいじくりまわしてちょっと楽しんですぐにご機嫌回復!
悠真を足の間にはさんで月を撮影して二人の月見は終わり。
十三夜・後の月


今晩は木星も月から大分離れていましたけど、はっきりと見ることができて、「ほら、星が見えるよ」と教えてあげると指をさして「ほし〜」というし、可愛いですよね。
木星を見ていたら、ライトを点滅させて飛ぶ飛行機もやってきて、「あれは飛行機だよ」と教えてあげると「ひこうき〜」と喜んで、夜のお空をたっぷり楽しんじゃいました。

「幼子と 眺めて楽し 後の月」


この記事を書いている時、悠真は気持ち良さそうに夢の中。
どんな夢を見てるのか、覗きたくなっちゃいますね(^^)

「幼子の 夢まで照らせ 栗名月」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | .悠真日記 2歳 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幼いときから空に馴染んでいると、大きくなって忙しい暮らしをするようになっても、きっと時々空を見上げて、一息つくことが出来る人になってくれるでしょうね!
Posted by 森のどんぐり屋 at 2009年10月31日 08:29
空に名月、地にはかわいいパートナー、とっても魅力的な存在を、一緒に撮影とは、さすがブドリさん(^^)
さらに劇的瞬間まで!!
この勢いで転んだら、それはそれは痛いよね〜〜。
だけどすぐに元気になって、強い強い!!男の子ですね〜(^^)

我が家でも、名月を楽しんでましたよ〜。
もちろんお団子作りも(^^)
今日はお休みなので、お月見についての記事は、明日アップするつもりです(^^)
Posted by なぎママ at 2009年10月31日 10:44
月や星にはロマンがあります。
ロマンチックな気持ちの息子さん、大きくなってもロマンチストなのか、それとも、天文学者かな…。
大阪は、雲の間から時々顔を出していました。
今は、全体に明るすぎて、星は木犀しか見えません。
Posted by 銭無のとっつあん at 2009年10月31日 19:34
森のどんぐり屋さん

そうですよね。今から空を見上げていることは、成長して時にきっとたすけになってくれますよね。
これからも事あるごとに一緒に見上げてあげたいと思います。

なぎママさん
悠真が「つき!」と言ってくれた時は内心、飛び上がるようにうれしくて、ゆうママが許可した時は喜んで連れ出して、月と悠真の撮影をねらっちゃいました(^^)
カメラに気付くと向かってくるのはわかっていたので、目立たないようにはしたんですけど、シャッター音は消せなくて、夢中で向かってきた結果がこれです。静かな公園で大泣きですからちょっと焦りましたよ(^^;)

なぎママさんのお宅でもお月見だったんですね。
また、なぎ君がお団子づくりしたのかな?記事を楽しみにしています。


銭無のとっつあんさん
誤解を与えちゃいましたね、ごめんなさい。悠真は私の子供ではなくて、妹の子、つまり甥っ子なんです。
私の洗脳の甲斐あって、今のところ月好き、星好きになってます。
大きくなって天体に関係する仕事についてくれたら嬉しいですけど、最初に何になりたいというのか、今から楽しみです。
Posted by ブドリ at 2009年10月31日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック