引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年10月14日

木犀の花

前回の予告通り木犀の花をお届けします。
木犀というのは「キンモクセイ」「ギンモクセイ」「ウスギモクセイ」の総称です。今回はその中でも有名なキンモクセイとギンモクセイを新宿御苑からお届けします。

秋の青空が広がる下にレモン色のギンモクセイの花が満開でした。
青空の下のギンモクセイ


このギンモクセイの1番花はお彼岸の頃から咲いてあっという間に散り落ちてしまったそうで、この花は2番花です。
気持ち良さそうに青空を仰いでいました。
青空を仰ぐ銀木犀


蜘蛛ではなくて雲が香りに誘われて見物にやってきましたよ。
ギンモクセイを見下ろす雲


キンモクセイとギンモクセイギンモクセイの向こうには鮮やかなオレンジ色の金木犀が咲いています。
香りの強いキンモクセイと、控え目な香りのギンモクセイが一斉に咲いて、あたり一面香りに包まれてました。


蜘蛛が雲とキンモクセイを独り占めにしようと網を張って狙っているようです。
蜘蛛が狙う


雲はキンモクセイの花も見物にやってきましたよ。
金木犀を見下ろす雲


こんなに小さな花がたくさん集まって、遠くまで香りを届けるマジックは素晴らしいですよね。
金木犀の花


金木犀の香りが空を漂っているような雲まで登場!
香りを包む雲


「木犀の 香に誘われて みな集い」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:51 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 秋の花 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
画面越しに、きんもくせいの香りが届いてきましたよ〜(^^)

実際、これだけの木々に囲まれると、きんもくせいの香りに包まれている感覚かしら〜〜♪

私も通勤途中、花を見かけるよりも先に、香りに気付き、どこに咲いているのか探す毎日です(^^)

Posted by なぎママ at 2009年10月15日 12:48
こんばんは^^
木犀には3種類あったんですね!
今まで金と銀だけかと思ってました(笑)
そうなんですよ!こんな小さな花が、あの香りを放っているのか〜〜〜と、最近改めて驚いたところです。
すごいですよね。
今回の一句も、妙に納得です。

前記事・・・・
私の義妹(30代後半独身)も、すごくうちの子供達を可愛がってくれるのです。
その心境たるやかくあらんと思わせられました!
仲良し過ぎて困るほどなんですよ〜〜〜(笑)
きっと向こうもこんな気持ちなんだろうなと納得でした!^^

P☆☆☆☆



Posted by りんりん丸 at 2009年10月15日 21:35
なぎママさん

ちょうど道が交差しているところの四つ角すべてに植わっているので木にも囲まれているし、ほんとに香りに包まれていますよ。ほのかな風だと結構遠くでも感じられて、誘われてくる人も。
街中でもどこからともなく感じられる香りに、どこだろうって気になりますよね。
やっぱりみんな同じですね。
この季節のささやかだけど、楽しみに一つですよね。


りんりん丸さん
木犀の元となる木はこの3種で、いろいろな交配種がまだほかにもあるんですよ。
あの小さな花があの香りを遠くまで運んでくれるんです。どこにそんな力を秘めているのか不思議なくらい、自然の力を感じさせてくれる花ですよね。

義妹さんも私と同じですね。年齢も近いですしね。
子供がいないと、兄弟の子は近くで接することのできる貴重な存在ですから、成長を見てるとこんなにも可愛い存在がいるのかと感じさせられるんですよ。
最近は「おじちゃん、おじちゃん」とよく呼んでくれるので、可愛さがパワーアップしちゃってます。親の次に仲良しだと思いますよ(^^)
りんりん丸さんのお子さんぐらいだと、いい相談相手にもなるのでしょうね。私もそんな関係を目指します!
Posted by ブドリ at 2009年10月16日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック