引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年10月06日

多摩川電車巡りサイクリング その5(小田急編)

前回は30000形EXEが来た!と終わっちゃいましたね。
今回はその30000形EXEからお届けします。

何度も上っていくEXEを見かけながら、その度に下り列車とすれ違ってなかなかかっこうよく走り去る姿を見ることはできなかったのですが、ようやく出会った下りのEXE。これならすれ違いを気にする必要なし!
いつものようにクリックしてアニメーションをお楽しみください。
疾走する30000形EXE


先頭車、中間車、連結部、後部車をたっぷりご覧ください。
30000形EXE


ついに30000形EXEを撮ったぁ、と喜んでる暇もなく、ロマンスカーが上ってきた!それがこれ!
わかりますよね。7000形LSEです。
7000形LSE


7000形LSE
1980年に登場した、古典的ロマンスカー。
ちょうど箱根に行った頃、このロマンスカーの展望席があこがれの的。
子供のころから見慣れたロマンスカーはまさにこれ!
クリックをしてアニメーションをお楽しみください。
7000形LSE


このLSEを見送った後、ぼちぼち今来た道を戻って、残る東急目黒線・東横線を撮影すれば、ゆっくり走っても暗くなるころには家に着けると、後ろ髪を引かれるものの、腰を上げて再びペダルを漕ぎ始めました。

で、小田急線の最後にロマンスカー以外の列車をお届けします。

新3000形・・・地上専用車として2002年3月に登場。オールステンレス車両
新3000形


5000形・・・1969年登場。小田急線で初めて冷房装置を導入した車両。
この車両が一番なじみ深いです〜
5000形


4000形・・・2007年、東京メトロ千代田線への直通運転用車両として運行を開始。「人と環境にやさしく故障に強い車両」
新4000形


新旧の連結部。小田急線は行き先がいろいろで、下りは途中で切り離し、上りでは連結して走るなどいろいろな組み合わせが楽しめますね。
連結部


最後に、小田急線に乗り入れている東京メトロ千代田線の6000形車両です。
千代田線6000形


小田急線はいろんな車両が走っていてほんとに楽しいですね。
新たな楽しみを発見してしまいました。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:53 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り物帳 鉄道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小田急線の魅力、あらためて感じさせていただきました(^^)
とっても身近に走っているので、当たり前のように感じますが、ロマンスカーってやっぱりかっこいいですよね(^^;

小田急線の青のラインもけっこう好きです♪

Posted by なぎママ at 2009年10月07日 09:39
なぎママさん

普段見慣れた電車も違った形で見ると魅力再発見ですよね。
それにしてもロマンスカーはカッコよかったですよ。
本当にすごかった。
Posted by ブドリ at 2009年10月07日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック