引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年09月29日

多摩川電車巡りサイクリング その1

シルバーウイーク中の9/21(月)、どこに行こうかといろいろなものを参考に検討を重ねていたのですが、とある1冊の本のある1ページを見て、「そうだ、これにしよう!」と行動開始。
その本というのは「子鉄&ママ鉄の電車ウォッチングガイド 東京版 (エイムック 1770)
その1ページというのは109ページの多摩川電車ウォッチングの地図。
これなら自転車で回れるかもしれないと覚悟を決めて午前11時に家を出発。

今回は序章です。

なにはともあれ、まず目指す場所は多摩川!

家を出て、坂を下り、上り、また下り、また上り、そして下り、またまた上って、また下り、この間は体力温存と思い無理せず、約7kmを約30分かけて多摩川 丸子橋に到着!
近くのコンビニでおにぎりを買って、神奈川県側の川原でまずは腹ごしらえ。なんてのんびりしてたら、500系が上って行った!気を抜いてた!
多摩川を渡る500系


とりあえず腹ごしらえをして、いよいよ多摩川サイクリング開始!
ちょっとだけ多摩川を下り、JRの鉄橋を越えたところで、在来線ウォッチング。

多摩川を渡って行く湘南新宿ライン
多摩川を渡っていく湘南新宿ライン


多摩川を渡って行く総武線快速・横須賀線
多摩川を渡って行く総武線快速・横須賀線


成田エクスプレスが来ないかなぁ、と待っていたら、日に何本も走らない貨物列車が多摩川を渡って西へ向かって行きました。
マウスオン→クリックでどうぞ。


私の目の前ではこんな親子も!
新幹線と記念撮影新幹線が通ると悠真ぐらいの男の子を真ん中に家族で記念撮影してました。
男の子はやっぱり、電車が好きだよね〜


私の後ろの方では小学4年生ぐらいの男の子がお父さんと電車の撮影をしてました。この親子は自転車で多摩川をさかのぼりながら電車の撮影をしている見たいでした。途中で追い越した後はどこまで進んだのか気にしていなかったのでわかりません。

とまぁ、JRは帰りもここまで戻ってこなきゃいけないから、後でもとれるので早々に切り上げて、いざ、多摩川の上流目指してスタート!
さて、どこまで行ったと思いますか?
丸子橋から約12kmの小田急線登戸駅近くの小田急線の鉄橋手前まで。
家からなんと約20km、往復40km。撮影しながらだったので所要時間は約6時間。
今までで最長のサイクリングでした!
家に着くころはバテバテ。
それでも翌日は悠真に会いに!
悠真に、カメラの画面で電車の写真を見せてあげたら大喜びでした〜
疲れも吹き飛び、体は信じられないほど元気でしたよ〜!

ルートはこちら↓


今週はずっと電車の登場です!
はじめて撮影した電車がいっぱい!
どんな電車が登場するかお楽しみに!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:26 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り物帳 鉄道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供と一緒になって電車を追いかけているママは、多いのですね(^^)

私の場合、見に行くより、乗りに行くですけどね(^^;

後はここで見させてもらって、お腹いっぱい♪♪

6時間かけての撮影を、座ったまま楽しんで、ちょっと申し訳ないような気もしますが、明日の朝は、なぎと一緒にお邪魔して、楽しませていただきたいと思いま〜す(^^)

JRの次は、小田急!! 小田急といえば〜〜〜、楽しみ楽しみです(^^)
Posted by なぎママ at 2009年09月30日 12:43
なぎママさん

お子さんと一緒に電車を追いかけるママさんはあちこちで見かけますよ。
なぎママさんに負けてないなぁ、って見てますよ(^^)

なぎ君、見てくれましたか?
次は小田急線じゃなかったけど、小田急線のときはたくさん載せるから楽しみにしていてね。
Posted by ブドリ at 2009年10月01日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック