引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年08月12日

その日は突然に

悠真の2歳の誕生日の記事(遊び方もいろいろ)で「誕生日の周囲では成長の遺伝子のスイッチがONになるんでしょうかね。」と書きましたが、またまたそのスイッチがONになったんです。それは一番最後に書くとして、その前にいろいろと紹介します。

悠真とドライヤーお風呂上りにゆうママにドライヤーをあてられる悠真です。ちょっと前は嫌がって逃げようとしていたので、捕まえてないとダメだったのに、この日はぜんまいざむらいのぬり絵の中のなめざえもんを前にして、大人しく?あてられてました。我慢がチラリ☆


いつもの公園に行くと、いろいろな花が咲いてました。
咲いてる花に近寄って、「かわいい」となでなでしたり、「しろいね」といってかがんで見てみたり、「あかい、おっきい」と指差してみたり、花に接する姿にも成長の様子がキラリ☆
マウスオン・クリックでどうぞ。


見つけたお気に入りの小石を、ちょうど悠真の身長ぐらいのポールの上に乗せられるかぁ?なんて遊んだり、落ちた小石を寝転がって横から眺めたり、バーを押してみたり、遊び方にも個性がチラリ☆


そして、やって来た突然の出来事
この写真は大鉄道博に行き、電車をいっぱい見て帰ってきたら、さすがにお疲れモードでお昼寝しちゃいました。いつものように大事にいつものタオルを抱えています。
タオルを抱えて


そしてお風呂上りにいつものタオルをパパに頭に巻かれています。可愛いでしょ(^^)
悠真とタオル


昼寝たっぷりだった悠真は、寝ることなく、ゆうパパの車で帰ったのですが、翌日、思いもしないことが起きたんです。
それは、この大事なタオルを、我が家において帰ってしまったんです!
帰り間際に悠真が、タオルを片手にもう片手でゆうパパを引っ張って仏様に連れて行って、ナムナムをしていったのですが、なんと仏様の前にタオルを置きっぱなしにしていたんです!
帰りの車の中では、疲れて寝ちゃったとのこと。家に帰り着いて、ゆうママが荷物を確認してたら、タオルがないことに気付き、翌朝、メールしてきて、忘れていることが発覚!

「このタオルがなくちゃ、寝ないんじゃないの?」
「朝起きてからまだタオルをまったく気にしてないからそのまま無しで我慢させちゃおうか?でも、手元にないといつ欲しがるかわからないからとりあえず送って。」
「送ると日数かかるからその間欲しがったらどうする?もって行こうか?」
「それは悪いからやっぱり送って。」
「でも、心配だから池袋まで持ってきてよ。」
なんてやりとりがあって、結局池袋で落ち合って、タオルをゆうママに渡しました。もちろん、悠真にわからないように袋に入れて渡しましたよ。
そして、その後はなんとタオルを欲しがることなく、何とか過ごしてるそうな。普段からタオルを探すことなく、ましてや寝るときにタオルを欲しがって泣くこともなく、日曜・月曜・火曜・水曜と過ごしてるんです。おそらくもう無くても大丈夫でしょう。
もうわかりましたね。そうです、突然やって来たその時とは「愛着のあったタオルから離れる時」なんです。
 タオルを洗うと、乾かしてあるタオルを無理やりにでも取ろうとしていたのに、1,2か月前から「タオル」と言って大人しく見てるという話は聞いていたので、抱いて寝たり、気にしないで寝たりしながら、タオルを抱いている時間が少なくなって手放すようになるのかな、なんて思っていたら、スイッチが切り替わるようにタオル離れをしたようです。

 1歳の誕生日を迎えた後、ピタッと乳離れをし、そして2歳の誕生日を過ぎ、まだ1ヶ月にもならないこの時期に愛着のあったタオルから離れ、また一つ成長の階段を上ったんですよね。
 タオルを抱えて寝てる姿も、タオルと過ごしてる姿も上の写真がおそらく撮り納めになることでしょう。ちょっと残念な気もするのですが、乳離れをしたときよりも、「あぁ、悠真は立派に成長してきてるんだなぁ」と言葉にする以上に感動を覚えています。今までで一番、悠真の成長を感じています。

 ゆうパパとゆうママよ、無理やりタオルを引きはなさず、電車の中でも持たせて、よくぞここまでずっと見守ってきた。ちゃんと悠真は立派に育ってるよ。

悠真はひょっとしたら「もう僕にはタオルは必要ないから置いて行きます」って、ご先祖様に納めていったのかもなぁなんて思うんですよね。
どう思います?

悠真、今度会ったときはまたまたお祝いしちゃうぞ〜
絶対に喜ぶものをもう用意しちゃったからなぁ〜

1年後、3歳になった時にはどんな成長を見せてくれるのかなぁ。今から楽しみです!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:55 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | .悠真日記 2歳 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜、すごいすごい!!

大事な大事なタオルにサヨナラした悠真君はもちろん、
取上げることなく見守ってきたゆうパパさん・ゆうママさんも、
そして何より、最後となった写真を撮影しているブドリさんってば、すごすぎる〜〜。

この写真って、大きくなった悠真君にとっても、悠真君をとりまく多くの方々にとって、大事な思い出となり宝物となりますよね〜(^^)

それにしても、仏様の前にタオルを置いていくなんて、ご先祖様に納めていったとしか考えられないですよね♪
あるいは、おばあちゃんが、手を合わせる悠真君に「もう要らないんじゃない??」って声をかけたのかなぁ〜。

いずれにしても仏壇に手を合わせる子供には、親には聞こえない会話が成り立っているように思うことがあるもので(^^)


悠真君の成長は、これからもっとも〜〜っと楽しくなりますよ〜〜!!
私も一緒に楽しませてくださいね〜(^^)
Posted by なぎママ at 2009年08月13日 11:25
なぎママさん

実は水曜の夜になって、「タオル」と探し始めたそうなんですけど、「大丈夫だよ」と添い寝をしてあげたらなんとか寝たそうです。もうタオルからは離れられたみたいです。
多くのお父さんお母さんが、愛着のあるタオルやぬいぐるみが離せなくて悩んでいたりするのに、影では苦労しただろうけど、こんなにもすんなり離れられるなんて驚きですね。

なぎママさんも仏様の前においていったのは自分で納めたり、おばあちゃんが声をかけたと感じられるのですね。
いつもなら仏様には私を引っ張って行くんですけど、この時はなぜかゆうパパ。だから何かを感じてパパといって、ご先祖様と何かお話をしていたのでしょうね。
そう思うとなおさら可愛くなっちゃいます(^^)

これからどんどん言葉も発達するし、いろいろな才能の端々を見せてくれるようになるのでしょうね。ホントに楽しみです。
これからも一緒に楽しんでください!
お願いします。
Posted by ブドリ at 2009年08月13日 23:35
子供には、そんな瞬間がありますね。

自分で宣言したり、自分でも忘れていたり。

成長というのは面白いです。
よく見ていないと、見過ごしてしまうくらいに自然に○○離れしますね。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2009年08月17日 19:50
森のどんぐり屋さん

1ヶ月会わないということはほとんどないのに、それだけでも成長を感じるほどですから、ホントに良く見てないと見過ごしてしまいますね。
子どもの成長ってこんなにも面白いものかと思っています。
Posted by ブドリ at 2009年08月17日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック