引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年07月27日

月とともに花火三昧 都庁展望室

7/25(土)は有名な隅田川花火大会でしたね。私も見物しようと向かった先は隅田川の方向ではなくて、東京都庁展望室。
高いところからなら見えるだろうと、行ってみたんです。
すると同じことを考えている人はたくさんいるもので、隅田川方向の東南の窓側の獲得争いになってしまったので、花火が打ちあがる前に花火を目的に来なかった人の後ろに付き、いなくなったと同時に窓際を奪取。
でも、後ろで見る人もいるので、小さく中腰になって6時半から打ちあがるのを待ってました。

7時過ぎ、花火が第1会場から上がり始めました!
都庁の壁ギリギリにあがってるけど、結構厳しい位置!
マウスオン→クリックでどうぞ。


7時半を過ぎると第2会場からも打ち上げ始めました。
第2会場の方が打ちあがる高さが低いんですね。
こちらもマウスオン→クリックでどうぞ。


ある程度撮影したら、腰も痛くなってきたし、他の人にも順番をと移動。でも、「いい時間だし、ぼちぼち帰ろうかな」と思った瞬間。
「そうだ、月が8時過ぎに沈むからいいところに見えているはずだ」とヒラメキ、西側の窓へ移動。案の定、月が綺麗に見えました。と、思って撮影していたらなんと、下の方に花火が見た!
これはやった!現代だからこそ味わえる風流!

これまたマウスオン→クリックでどうぞ。


この花火は立川の昭和記念公園の花火です。ここには映っていないんですけど、この花火の右の方でも花火が上がっていました。下の写真の右下に明りが連なっているところの空に打ちあがるんです。
都庁から花火見物

こちら西武園で週末に打ち上げている花火です。なんと、悠真一家は自宅からこの花火を見ていて、「ドーン、ドーンって」と悠真が喜んでいたそうです。

さらに南西方向の窓を見ていると、またまた打ち上げ花火が!方向からすると京王線沿線の多摩川から調布方面。よみうりランドの花火?ただ、この方面に花火大会の予定が掲載されていないのでどこの花火大会か不明。ご存知の方情報をお寄せ下さい。
こちらもマウスオン→クリックでどうぞ。


「打ち上がる 音は心で 遠花火」

「右左 月と眺める 遠花火」


一晩に4ヶ所の花火大会をしかも月と一緒の花火を堪能するという贅沢を味わってしまいました。音は聞こえないものの遠くから眺める花火もまた乙なものですね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:23 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | .イベント・風物詩  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜、これは最高の花火スポットですね〜!!

なぎにとっては特に!!
というのは、あの大きな音が苦手ななぎは、近くで花火を見ることを、とっても怖がるので、私は大好きな花火を見ることがきなくなって早5年(;。;)
しかし、先日福井に向かう途中、琵琶湖の花火大会に出会い、パーキングエリアによって見ていたら、大喜びで見入っていました(^^)

音がなければ楽しんでくれるということがわかったので、ちょっと遠くから楽しめる場所を探そうと思っていたんですよ〜!!

なので、ここは最高の場所ですね。
来年は、私も見に行きたいです!!
Posted by なぎママ at 2009年07月29日 07:42
なぎママさん

音が無くてもいいなら涼しく見られるのでベストスポットです。隅田川といわなくても、おそらく都内で花火があれば大体の場所は見られるかもしれません。
それともう一ついい場所があるんですよ。
それは悠真の家。土日に打ち上げられる西武園の花火が見えて、遠くで音がするぐらいなのですが、それでも悠真は「ドーンっていった」と喜んでるそうですよ。
Posted by ブドリ at 2009年07月30日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック