引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年07月01日

タイサンボク・大盞木

毎年、ホウノキを見ると、その後に咲くタイサンボクがいつ頃咲くのか気になって仕方なかったのですが、今年も6月の初めから咲いているのはわかっていたのですが、なかなか出会えず、ようやく出会えたのが6/27の新宿御苑。
7月まで次々と花は咲くのですが、天気がパッとしない所為か、花の開きはよくなく、ちょうどいい高さには見頃の花がなかったのですが、折角撮影してきたのでお届けします。

タイサンボク(大盞木、泰山木、大山木) モクレン科 北アメリカ原産のモクレンで、1873年に渡来しました。
タイサンボク


花は「うけ咲き」で、大きな盞(さかずき)をかざしたように見えるところから「大盞木(タイサンボク)と名付けられたと植物学者牧野富太郎博士は述べています。
こんな感じに開いていくのを盞(さかずき)と見たのでしょうかね。
うけ咲き


泰山木と大山木の書き方は、この木が大きくこんもりと育つ様子を高くそびえる山という意味の泰山や大山を当てたのか、花が山のように大きいことから泰山や大山を当てたのかしたのでしょうね。
雨に濡れたり、花も終わりかけだったりと綺麗に真っ白な花に出会えずちょっと寂しい結果でした。マウスオンでどうぞ。


花もいろいろ開きかけ(一度開いた花が閉じたかも)の花に蕾の花です。
つやつやの葉っぱが特徴です。


これから咲く花もあれば散った花もあります。綺麗に咲いていれば、いい香りもするし、もうちょっとは楽しめるのですが、何分天気が・・・
咲く花・散った花


「曇天も 泰山木の 花白し」


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:49 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 花歩記 夏の花 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜、ブドリさんってば、私の「タイサンボクのお花が見たい」って声、どこで聞いていたんですかぁ〜!?

なぁんちゃって(^^;
実は、この所の雨ですっかり電車通勤をさぼり、車通勤の日が続いていて、今朝も朝から土砂降りでしたのでもちろん車通勤。

そんな通勤途中、なぜかタイサンボクに目が行き、「咲いている頃電車通勤だったから、今年は見逃しちゃったなぁ・・・」なぁんて思ってたんですよぉ〜!!

すご〜い偶然にび〜〜っくり!!

でも、私が思うより先にブドリさんが記事を更新しているので、ブドリさんが教えてくれていたんですね(^^)
Posted by なぎママ at 2009年07月02日 15:11
なぎママさん

本当に偶然ですねぇ。
実は偶然じゃなくて、なぎママさんが夢の中で思い浮かべるように記事を作りながらテレパシーを送ってました。なんてね(^^)
Posted by ブドリ at 2009年07月03日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック