引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2010年09月12日

「つきのぼうや」

9/22が中秋の名月というわけで、今月は月の絵本をお届けしています。

つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ・デンマークの絵本)
つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ・デンマークの絵本)イブ・スパング・オルセン やまのうち きよこ

おすすめ平均
stars手放しにすばらしい
starsつき
stars細長っ!!
starsおすすめです。
starsグズリにも効く!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「つきのぼうや」
イブ・スパング・オルセン 作・絵    やまのうち きよこ 訳
福音館書店

おつきさまがお空にのぼって、あたりをてらしながら、ふと、下を見ると、池にもうひとりのおつきさまが映っていました。
おつきさまはそれが気になって、ある晩、つきのぼうやに、
「ともだちに なりたい」と、そのつきをつれてきてくれるように頼みました。
つきのぼうやは空からずーっと降りてきてもうひとりのおつきさまを探します。
雲を通り抜け、飛行機の横をとおり、鳥の群れを抜け、風に流され、木の間をくぐり、煙の中を通り抜け、家の前を通って船着場から水の底へ、いろいろなものや人と出会いながら、たどり着きます。
ぼうやは水の底で可愛らしい小さなおつきさまを見つけて、おつきさまにもってかえりました。
さて、つきのぼうやが持って帰ったちいさなつきとはいったい何でしょうか?

1962年に原作が発行され、日本では1975年に発行された古典的名著で、縦35cm・横13cmというのっぽスタイルが、つきのぼうやが空から下りて来る様子を十分に伝えてくれる楽しい絵本です。
お月見しながら、お子さんと一緒につきのぼうやが下りてきていないか確かめてみてはいかがですか?
ひょっとして隣にいるお子さんがつきのぼうやかもしれませんね(^^)

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:45 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の絵本はなんともメルヘンチックそうな一冊ですね〜!!
お月見が何倍も楽しみになりそう♪♪

後は月が顔を出してくれることを祈るのみですね(^^)
Posted by なぎママ at 2010年09月13日 12:53
なぎママさん

前回は下から上を見上げて空の月をほしがる物語、今回は上から眺めて水に映る月を欲しがる物語だったんですよ。
月の絵本もいろいろなあって面白いですよ。

あとは綺麗に見えることを祈るだけですね。
Posted by ブドリ at 2010年09月13日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック