引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年06月13日

花菖蒲・三渓園

6/6(日)、久しぶりに朝から気持ちよく晴れていたので、こんな日は早めに家を出て撮影に行こうと選んだ場所は、横浜の「三渓園」。
以前から気になってはいたのですが、なかなか足が向かずに行きそびれていたのですが、なぎママさんのブログ「和樹くんの宝箱」で三渓園にいった記事(「三渓園(大池)」等)を見てから、これは行ってみなければと思い定め、花菖蒲が見頃というので、それじゃぁ今日だと、10時過ぎに家を出て三渓園へ。
家から三渓園までは横浜駅経由で1時間20分。横浜でバスを待つ時間があったので、それがなければ比較的近いということにビックリ!

三渓園のなかをぐるりと一巡りしましたが、園内の案内は「三渓園のホームページ」にお任せして、東京都外の庭園初登場記念に今回から数回に渡って、大池に咲く花菖蒲をお届けすることにします。

第1回目は大池の花菖蒲の雰囲気をお楽しみ下さい。

正門を入るとすぐ正面に大池があります。花菖蒲も正門から近いところに咲いています。
青空の下に大池が広がり、こんもりとした茂みもあっていい眺めです。
マウスオンでどうぞ。


右手に見える花菖蒲の付近ではたくさんの方が思い思いに思い思いのカメラを構えて、ああでもない、こうでもないと撮影をしたり、イーゼルを広げて写生(狭い通路でイーゼルにイスはちょっと迷惑なので考えて欲しい気がします)をしていました。

たしかにここからの眺めは丘の上に立つ旧燈明寺三重塔が入って絵になるんですよね。
縦位置で花菖蒲から三重塔、そして空へと続く奥行きをマウスオンでどうぞ。

横位置で絵画のように切り取った風景をマウスオンでどうぞ。


意外と花菖蒲の数は少ないんですけど、凝縮された美しさを感じますね。
マウスオンでどうぞ。


右手に三重塔、真ん中に涵花亭、左手に観心橋が配置され、見る楽しみを考えて作られた庭園だけあっていろいろな角度から楽しめます。
見応えあり三渓園


観心橋に感心観心橋だけを切り出してみてもまた絵になります。奥に見える屋根は旧燈明寺本堂です。


ちなみに旧燈明寺三重塔は1914年(大正3年)に移築され、本堂は1988年(昭和62年)に移築されたものです。
建築も凄いけど、移築というのも大変な仕事だったと思います。

「青空を 静かに彩る 花菖蒲」


おまけ
こういう風光明媚な場所に行くと残念なことは、周囲の開発が進み、園内から余計なものが見えることです。三渓園からも海側の煙突が見えるなどします。園内の植物や建築物だけを保護するのではなくて、園内から見える景色も含めて保護するということは出来ないのだろうかと常日頃思っております。園内のものだけでなく見晴らしも含めて一つの名勝として保護することを国・都道府県・市町村の枠を越えて、行政には検討して欲しいものです。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 08:18 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 夏の花 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「三渓園は、桜の季節に限らず、いつ来ても見ごたえあるよ。」と教えていただいた通り、いや想像以上に美しいですね〜!!

って、ブドリさんの腕も加わってですよね(^^)

同じ場所で撮影しているのに、これまたずいぶん違って見えるもので(^^;

とまぁ、腕に差があるのは当たり前だから、仕方ないとして・・・、でも目線の先は、やはり一緒でしたね。

海側の高台にある建物、そこからどんなステキな世界が広がっているのか、キラキラ光る海を期待しながら階段をのぼっていったら・・・、その無念さは、なんともいえないものでした(;。;)

あそこから昔なら、一面に広がる海を眺められたんですよねぇ・・・。
本当、残念です。

でもでも、都会にある庭園の中で、三渓園は、まだましな方ですよね。
高台にあるためか、庭園の中心地や、大池で撮影している限り、ビル街が見えることがないですよね。

栗林公園はひどかったですよぉ〜。
ここが一番の見所だろう!! と思うところの奥にはビル街が立ち並んでいるんですから、がっかりですよね(;。;)

Posted by なぎママ at 2009年06月15日 16:29
見事ですね!
これだけ咲いていると、どこを写そうかと迷いません?

無粋なものが見えると全くうんざりです。
昔、京都に京都タワーが出来た時も、かなりの論争がありましたが、結局出来ちゃいましたものね。
まったく困ったものです。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2009年06月15日 17:52
なぎママさん

三渓園はいい場所ですね。
高台から海が見られたらどんなにか綺麗だったんでしょうね。想像するとワクワクするだけにみられないのが残念ですよね。
ここは渓(たに)にあたるので比較的建物が見えませんけど、あちこちひどいですよね。
考えてほしいものです。


森のどんぐり屋さん
京都タワーを作る時、景観論争がありましたね。覚えています。
街並みや景観を遺産として後世に残してあげたいですよね。
経済や効率だけでみると、後々とても寂しい結果しか残りませんからね。
Posted by ブドリ at 2009年06月15日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック