引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年06月09日

雨滴とバラ

今回は6/6(土)の小雨〜雨上がりの時に撮影した雨滴に濡れる薔薇のなかから色艶ともに申し分のない(どの花も申し分ないんですけど)薔薇、そしてその雨滴にも思いが包まれたような薔薇をお届けします。

芳純
芳純 1981年 日本 鈴木省三 作出
「香りのバラの代名詞」と呼ばれます。
京成バラ園芸の研究所長であった鈴木省三氏が資生堂の研究グループと研究を行い、結果約1000種類の中からこのバラが誕生しました。資生堂の香水のばら園シリーズで使われました。



花びらに付いた雨滴からでさえ豊かな香りがしてきそうなバラをマウスオンでどうぞ。


さらにもう一枚。水滴の中に香りが閉じ込められている、そんな感じがしませんか?画面から香りが届けられないものでしょうかね。
雨滴に包まれる香り


ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ 1999年 アメリカ J&P作出
ダイアナ プリンス オブ ウェールズ名前からわかる通り故ダイアナ元英国皇太子妃を記念したバラです。



花の美しさと共に雨滴の美しさまで演出するダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズをマウスオン・クリックでどうぞ。


見上げるダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ売上金の一部が、記念基金の活動資金となり、世界中の恵まれない人々の救済のために、寄付されるそうです。
水滴の一粒一粒がささやかな助けになれと空に祈っているのかもしれません。


ミスターローズ(鈴木省三)も、故ダイアナ元英国皇太子妃も、情熱は姿を変えて生き続けているんですね。

「薔薇一輪 込めた思いは 色褪せず」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:32 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 花歩記 バラ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜、キレイなピンクですね〜♪♪

自然の織り成す色の美しさ!! すばらしいです(^^)

しずくを添えて、ブドリさんの視線の先で輝いている姿を惜しみなくお披露目してもらえて嬉しいですよ〜。

香りも漂ってくるように感じますが・・・、ここまで書かれると、香りのもとへ誘われます(^^)

ブドリさん、バラの見頃は、いつ頃までなんですか〜!?
Posted by なぎママ at 2009年06月10日 09:55
なぎママさん

綺麗でしょ!
ホントに綺麗なピンク色なんですよ!
滴はタイミングが必要ですが、花ならば見られます。

ただ、春バラの1番花はほぼ終わりの頃です。半月ぐらいすれば2番花が咲いたりするのですが、バラ園によっては秋に咲かせる花を充実させるためにこの後の花を咲かないように剪定する場合もあります。
新宿御苑は花数は少なくなりますが、咲き続けるバラもあります。
神奈川だと大船植物園のバラ園ではまだ見られるようで、夏バラは6月下旬からが見頃のようですよ。
Posted by ブドリ at 2009年06月11日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック