引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年08月23日

「くもくん」

まだまだ暑い夏ですね!
暑いですけど空には入道雲が広がったりと楽しいことがありますよ。と言いたいところですが、この夏はまだ入道雲を見てないんです。
それはそれとして、今回は空を飛ぶ雲のおはなしです。

「くもくん」
いとう ひろし 作・絵    ポプラ社

いつも空をたびしている、くもくん。
空を旅していると、いろいろな形を見つけます。
形を見つけてはいろんな形になってみるけれど、ふと、『自分にはなぜ決まった形がないのか』と考えます。
そんな時、くもくんに気づいた子供たち。
くもくんのワニやライオン、おおおとこの形に大喜びをして、「こんどはおおきなうまになって〜」と言います。
するとくもくんは喜んでおおきなうまの形に。
子供達に「くもくんすごいね」ってほめられてくもくんは思いました。
さぁ、なんて思ったのでしょう。
種明かしをしちゃうと読む楽しみが減りますので書きません。

この絵本には子供の目線と親の目線で読んでみて欲しいです。
きっと子供たちはいろいろと形を変えるくもくんの姿に喜ぶことでしょう。
読んであげるお父さん・お母さんには、「子供を一つの型にはめ込むのはよくないよ。子供はいろいろなものになれる柔軟さを持ってるよ」と、そっと教えてくれているように感じました。

お空に浮かんでいる雲が、ず〜っと眺めているとどんどん形が変わっていくように、子供たちは自由な発想で、いろいろな形に成長していくんでしょうね。

くもくん (いとうひろしの本)
くもくん (いとうひろしの本)いとう ひろし

おすすめ平均
starsくもくんって???

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:07 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
空に対して想いの強いブドリさんが選び出すおすすめ絵本は、やはり魅力的ですね〜(^^)
表紙の絵も色合いもとってもソフトで、雲君のやわらかさをたっぷり感じます♪

「子供を一つの型にはめ込むのはよくないよ。」
そうですね、それに子供に限らずかな〜。
「こうでなきゃ」「何でこうできないの」なぁんて型にはめ込むことなく、大きく育つ子供の成長が楽しみです(^^)
Posted by なぎママ at 2009年08月24日 14:26
なぎママさん

いつからでしょうかね。
こんなに空や雲に惹かれるようになったのは。
それはよくわからないけど、空のよさを伝えてあげたいという思いで選んじゃいました。

そうですね、なぎママさんの言うとおり、子供に限らずですよね。
みんな、型にはめ込まれるのは嫌ですもんね(^^)
穏やかに温かく見守ってあげましょうね。
Posted by ブドリ at 2009年08月25日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック