引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年08月30日

「あな」

今月は「真夏の大空を感じよう」月間、ということで空を意識した絵本をお届けします。

子供の頃、無性に大きくて深い穴をほりたいと思ったことはありませんか?そんな思いを満たしてくれる絵本です。

「あな」
谷川 俊太郎 作    和田 誠 絵
福音館書店

日曜日の朝、何もすることがなかったので、ひろしはあなを掘り始めました。
おかあさんが来て、妹のゆきこが来て、となりのしゅうじくんが来て、おとうさんが来ました。
ひろしは深く、深くあなを掘り続けました。
あなの中に座り込むと、静かで、土はいいにおい。
「これは ぼくのあなだ。」
と、ひろしは思いました。
みんなが来ましたが、ひろしはあなの中に座っていました。
上を見上げると、空はいつもよりももっと青く、高く思えました。
その空を、一匹の蝶がひらひらと横切っていきます・・・。

みんなが、いろいろなことを言うけど、ひろしの返事は「さぁね」とか「まあね」といたってクール。穴をほり始めると、まわりの声なんてどうでもいいんですよね。
私も子供の頃、大きな穴を掘ろうと思ったことがありますけど、庭では深さ30cmぐらいがやっと。それでもミミズが出てきたり、ガラクタが出てきたり、ちょっとした探検のようで楽しかったのを覚えています。
自分が入れるぐらいの穴を掘って、その中から空を見上げたらどんなふうに感じるんでしょうね。ちょっとやってみたくなりませんか?
子供にとっても、意味がないようだけど、何かに夢中になった時は満足いくまでやり遂げさせるのが大事なのかもしれませんね。
絵本だけど哲学書のようです。

あ な(こどものとも絵本)
あ な(こどものとも絵本)和田 誠

おすすめ平均
stars全ての人のための絵本
stars最高にシュールな世界!?父親にお勧めです
starsなぜか救われる。嘘のない絵本。
stars絵本の中の絵本
stars大人にも子どもにも心に残る1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:30 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
穴掘り好きですね〜(^^)

なんともタイミングよく、昨日は、穴掘りを楽しみ、今朝は穴についての話をしていたので、今週のなぎブログは、そんな話題をお届けしようと思っているんですよ〜!!

すごい偶然に驚きです!!

あっ、でも、「何かに夢中になった時は満足いくまで」させてあげることが出来なかったです。

蚊の大軍に負けました(;。;)


Posted by なぎママ at 2009年08月31日 10:43
なぎママさん

穴って掘り始めると意外と夢中になるものなんですよね。なんでなんでしょう?

それにしてもまたまた偶然の一致!
何のために穴を掘ってたんでしょうか、そちらも楽しみ〜
Posted by ブドリ at 2009年08月31日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック