引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年05月08日

金蘭・銀蘭

立夏をすぎ、暦の上では初夏ですが、まだまだ春の花を紹介しきれていないのでしばらく続けます。

毎年のようにブログで紹介していますが、とても控えめながら美しい花「キンラン」「ギンラン」を今年もお届けします。この花は「みどりの日」を含むゴールデンウィークにいつも自然の大切さと人間の身勝手さを考えさせてくれる私にとっての一つの指針なんです。

キンラン(金蘭)林で黄色い花が金色に輝いて見えるため。皇居東御苑で撮影しました。
木陰で静かにキンランの美しさをマウスオンでどうぞ。


わずかに日射しを受けるキンランです。金色に輝いてますよね。
キンラン


こちらはギンラン。
花が白く、黄色のキンランに対しての呼び名。「根に共生している菌との関係が特殊であるため、育てるのはたいへん難しく、持ち帰っても育つ可能性はほとんどない。」でも、持ち帰ってしまい、減少の一途。
皇居東御苑でも数が減ってるようなのはなぜでしょうね。マウスオンでどうぞ。


自然教育園で撮影したギンランに似たササバギンラン(笹葉銀蘭)をお届けします。
名前はギンランに似て葉が長く笹の葉を思わせることから。マウスオン・クリックでどうぞ。


キンラン・ギンラン・ササバギンランの3種が日本産のキンラン属。
キンランは環境省のレッドデータ絶滅危惧U類(VU)に指定され、ギンランは33府県の、ササバギンランは19都県のレッドデータに登録されていて、どれも開発や乱獲によって減少していることは確かです。

「物言わず 金蘭耐えて 花咲かせ」

「みどりの日 減りゆく花に 物思う」


緑の大地さん、ありがとうございます
太陽さん、ありがとうございます
大気さん、ありがとうございます
植物さん、ありがとうございます
鳥や昆虫などの動物さん、ありがとうございます
本日の出会いにありがとうございます。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:10 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 花歩記 春の花 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年も、とっても可愛らしい蘭の姿を見せていただきありがとうございま〜す(^^)

可憐に輝く花たちに癒される反面、心を痛めているブドリさんの気持ちがたっぷり伝わってきます。

「とっていいのは写真だけ!!」
写真に撮って持ち帰れば、いつでもどこでも楽しむことが出来て、また翌年、撮影する楽しみもあり撮って帰る楽しみがあるのに・・・。

今年も数が減っているとは・・・。

子供でも理解できる事、マナーを、もっと大人にも見習ってほしいです。
Posted by なぎママ at 2009年05月09日 11:32
なぎママさん

心中を察していただきありがとうございます。

本当に
「とっていいのは写真だけ!!」
ですよね。
でも、撮るマナーもなっていない人が多いのも実情で、注意しても、あなたは皇宮警察の人?とか文句言ってくる始末でなんともはや・・・

子供でも分かるマナーをしっかりと守って、お手本となって欲しいですね。
Posted by ブドリ at 2009年05月10日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック