引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年02月25日

まんず咲く

今年もマンサクの花が咲きました。
昨年も一昨年も撮影しましたけど、飽きずに今年も皇居東御苑で撮影してきました。
マンサクとは他の花に先駆けて「まず咲く」ことからついたとか、花がたくさんつくので「豊年満作」からついたと言われています。
でも、以前にも書きましたけど宮沢賢治の故郷・岩手をはじめとする東北地方の方言で“まんず咲く”とこの花を見て春の訪れを感じたことからマンサクとついたと考えたいです。
宮沢賢治も童話の中で何度も「まんず」を使ってますからね。
春が近づくと葉よりも先に黄色い花をつけます。

マンサク(満作・万作・金縷梅)
マンサク


4枚のひも状の花びらがなんとも言えずユニークですよね。
マウスオンでご覧下さい。


シナマンサク(支那満作)
マンサクと似ているのですが、マンサクより開花時期が早く、前年の枯れ葉もついたままの木に黄色い花をつけることが多いので、この点で区別がつけられます。
シナマンサク


やっぱり一つの花に4本の縮れたひも状の黄色い花びらがユニークですよね。
マウスオンでどうぞ。


早春の花の色に黄色が多いのはどうしてなんでしょうか。
寒い冬から暖かな春の日差しを自然も待ち望んでいるので太陽の色を選んでいるのかもしれませんね。

「春来いと まんさくの花 手を広げ」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:49 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック