引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年02月06日

紅梅・白梅

2/1に撮影したのは梅→水面→ダイヤモンド富士の順だったのですが、このブログではダイヤモンド富士→水面ときたので一番最初に撮影した梅の登場です。

新宿御苑内にはところどころに梅が植えられていて、それぞれで違う表情を見せてくれますよ。
そんな梅の一部をお届けします。

枝で次々に咲き始めた白梅の花。春の香りが漂い始めましたね。
白梅


眩しい光を湛える白梅。陽射しにもどこか温かさを感じます。
マウスオンでご覧下さい。


目からも香りを感じられるような紅梅も次々と開いています。
マウスオンでどうぞ。


紅梅も眩しい光をまとってよりいっそう春の近さを感じさせてくれます。
光を纏う紅梅


梅見をしていたのは私だけではなく、空の上からお月様も梅を見にきていました。マウスオンでご覧下さい。


「風に乗る 香に誘われて 梅見月」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:26 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブドリさん、はじめまして。箱根駅伝の記事からリンクして、ブドリさんのブログにお邪魔し、可愛いゆうま君に釘付けになりました。現在中2の息子と小6の娘の十数年前の姿を重ね、懐かしく、また羨ましく・・・ブドリさんのゆうま君への愛情がとても感じられます。ゆうま君の成長楽しみですね!
そして、季節の移ろいの写真。見ていると心が癒されます。これからも素敵な写真楽しみにしています。
Posted by chico at 2009年02月07日 00:00
輝く春の景色ですね〜♪

昨日、お昼になぎをお迎えに行き、いつものように町の支援センターへ遊びに行った後、家へ帰ってくると、我が家の入り口で、電話線工事のため高所作業車が停まっていたんです。

「近くに行ってみようよ。」と誘ったのですが、家に帰るというので、「じゃあ2階の窓から見てみよう」と話すと賛成してくれて、先に2階へ上がって見る気満々!!

しかしなぎが開けた窓からは見えない場所だったので、「なぎたんそっちからは見えないよ〜、こっちの窓からみないと。」と誘うと

「そうだねぇ。この窓から見えるのは、春の景色だけだったよ。」

だって〜〜!!
確かにその窓からは、色とりどりの梅の花が楽しめるんですよ〜〜(^^)

なぁんて、自分のブログではなく、ブドリさんのコメントに、昨日の出来事を長々と書き込んでごめんなさい。

光をまとってよりいっそう春の近さを感じているブドリさんと、なぎの目線が同じように感じて・・・。
二人の心のキレイさが、同じ目線へとつながっているのかなぁ〜(^^)
Posted by なぎママ at 2009年02月07日 10:00
chicoさん
コメントありがとうございます。
箱根駅伝の記事からいらしてもらえたのですか。
正月早々、大興奮でした(^^)
悠真のファンがまた1人!
子供の成長がこんなにも愛おしいものだと教えてくれた悠真や妹達には感謝の思いです。私がしてあげられるのは見守ることですから、精一杯見守ろうと思っています。これからますますおじバカになると思いますけどお付き合い下さい。

なぎママさん
なぎ君はなんて可愛いんですか!
長々となんて関係ないですよ。こんなにステキな内容ならどんどん書き込んでください。
「この窓から見えるのは、春の景色だけだったよ。」
なんて思いもしなかったような言葉が出てきたら、可愛くてたまりませんよね。
私となぎ君の目線が同じようなんて、嬉しいです。
三軒茶屋のキャロットタワーでダイヤモンド富士を狙っていて、隣にいたおばさん集団に今太陽のすぐ脇に雲で見えないけど富士山がありますよ。と教えてあげたら、「楽しそうに撮ってるわねぇ」と言われちゃいました(^^;)
なぎ君のような童心に帰ってたんでしょうね。
Posted by ブドリ at 2009年02月08日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック