引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年01月28日

カワセミ

お待たせしました。井の頭公園で撮影したカワセミの特集です。

カワセミ(翡翠、学名:Alcedo atthis)は、ブッポウソウ目カワセミ科

前にお見せしたつがいらしきカワセミがこちら
カワセミ


オスからメスへエサを渡してアピールする求愛給餌を行います。いつもなら2月には行ってから行なっているそうですが、今年は早くも撮影した1/18には行なっているとのことで、オスはすぐに飛んで行ったようです。
なぜ、飛んでいったのがオスで、残ったのがメスなのか。私も撮影時はわからなかったのですが、拡大してわかりました。
体の色だけではオスとメスの区別は難しいのですが、見るべき場所は口ばし。オスは真っ黒で、メスは下の口ばしがオレンジ色をしてるんですよ。
これを頭に入れて残った方のカワセミの写真を見てください。これでは見にくいでしょうから、マウスオンで拡大しますのでご覧下さい。
下がオレンジ色ですよね。


必死に飛び回っていたカワセミをじっと観察して、飛んでいって茂みでじっとしている近くまで忍び寄って激写です!マウスオンでどうぞ。
よく見ると下の口ばしが黒いでしょ?飛び回っていたのはオスみたいです。


最後にカワセミが水に飛び込んで戻るまでのあっという間をお見せします。クリックすると別の画面でアニメーションが始まります。
カワセミのダイブ


おまけ
上野動物園で撮影したカワセミと同じブッポウソウ目カワセミ科の鳥をお届けします。
アカショウビンアカショウビン(赤翡翠)
夏鳥として渡来し、北海道から沖縄までほぼ全国で繁殖するが、渡来数は少ない。


ワライカワセミワライカワセミ(笑い翡翠)
オーストラリアに分布する大型のカワセミの仲間。人の笑い声に似た大声の(「ワハハハ……」と笑っているように聞こえる)さえずりが特徴。



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:38 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かわせみの名前はもちろん、映像などでよくみかけますが、くちばしの色が雄と雌で違う事も、求愛給餌行う事も知らなかったので、おしどりに続き今回も「へ〜、そうなんだ〜。」なぁんてつぶやきながら楽しませていただきました(^^)

それにしても、キレイな瑠璃色ですね〜。
何でこんな色しているのかしら〜??
Posted by なぎママ at 2009年01月29日 15:06
なぎママさん
また雑学が役に立ったようですね(^^)

書き忘れたんですけど、カワセミの綺麗な瑠璃色はシャボン玉に光が当たるといろいろな色に見えるのと同じ原理で、青く綺麗に見えるそうです。不思議ですよね。
Posted by ブドリ at 2009年01月30日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック