引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年12月18日

羽子板市2008

12/17〜19は浅草寺の羽子板市。17日はあいにくの冷たい雨。18日は一転して暖かな陽気で、日が暮れてもカメラを持つ手が凍えるということもなく穏やかに撮影できました。

仲見世通りは羽子板市の雰囲気と新年への準備が揃い、まさに年末の装いです。
仲見世通り 仲見世通り2


浅草寺の本殿や五重塔と羽子板の屋台です。マウスオンでご覧下さい。


昔ながらの羽子板が数多く並んでいるのですが、なかにはこんなのもありますよ。マウスオン・クリックでどうぞ。


古きものには古きを知る方々が大事。マウスオンでご覧下さい。


羽子板市には世相を反映した羽子板が並ぶのが有名ですよね。
今年は大活躍した石川遼選手、亡くなられた赤塚富士夫の漫画の羽子板が目立ちました。
有名人羽子板


羽子板を売る人・買う人・見る人、それぞれにそれぞれの邪気をはらって幸せを。マウスオンでご覧下さい。


「不景気も 羽子板買って 跳ね返せ」

「景気よく 羽子板売りの 声響く」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:08 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | .イベント・風物詩  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「古きものには古きを知る方々」
さすが絵になりますね〜!! 大事な存在ですね(^^)

アンパンマンんの羽子板も可愛いけど、
やはり「2人の職人が2ヶ月かけて作った羽子板」は、お見事!!

いよいよお正月の準備をと言う時期ですが、まだまだ大掃除も年賀状印刷も終わってませ〜〜ん(^^;


Posted by なぎママ at 2008年12月20日 16:25
なぎママさん
古きを知る方々には重みがあるんですよね。存在感というのはこういうものかと思います。

年賀状印刷・・・
私もまだですよ。
Posted by ブドリ at 2008年12月21日 00:24
羽子板市のお店の主さま、さすがに江戸の面影が感じられますね!
とてもすてきです。

もうお正月になっても羽根つきの姿は、ほとんど見られませんが、こういう行事が続いていくのは良いことだと思います。
朝顔市や酉の市などとともに、季節を感じ、自分の年齢を感じる良き行事です!!
うらやましいです。

大阪にも戎さん(えべっさん)や天神祭りがありますが、及ばない気がします。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2008年12月21日 10:27
森のどんぐり屋さん
お店の方も小さな子供に「羽根つきしたことある?」と聞いてますけど、首をかしげる子ばかりでした。子供の頃は羽つきの音が響いていたんですけど、淋しくなりましたね。
こういう季節を感じる行事は大事にしたいと年を経るごとに思います。
戎さん(えべっさん)や天神祭りも有名ですね。及ぶ及ばないはともかく、いつまでも大事にしていきましょう。
Posted by ブドリ at 2008年12月21日 20:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック