引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年01月04日

「いろいろ1ねん」

年が明けましたね。今年も絵本の紹介は週1回のペースで続けますのでお楽しみに。
新年最初の絵本は、今年の1年をゆったりと心豊かに過ごしていただこうとこのレオーニ後期の名作絵本をお届けします。

「いろいろ1ねん」
レオ・レオーニ 著   谷川 俊太郎 訳   あすなろ書房

いろいろ1ねん
いろいろ1ねんLeo Lionni 谷川 俊太郎

おすすめ平均
stars2才の息子の次のお気に入り。
starsずっと持っていたい絵本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一本の木と1月1日に生まれたふたごの子ネズミウィリーとウィニーがともに過ごす一年間のお話です。
ウィリーとウィニーが、生まれて初めて雪の中を歩いていると、見付けた雪だるまのような雪ねずみが抱えていたのが木のほうきではなくて、実はしゃべる木。「わたしはウッディ、木よ」と話しかける声が。
そこから始まる3人の1年間。
訪れる月ごとにねずみ達は木のそばに来て木の変化を感じ、お互いに友情を育んでいきます。
1月から12月まで、ひと月ごとに見開きになっていて、季節の移ろいにあわせて木のウッディが変化していきます。
特に大きな問題やドラマティックな展開があるわけではありませんが、のんびりと1年を味わうのもいいものだなぁと感じられる絵本です。
今年1年、お子さんと季節の移ろいに心を向けて過ごしてみてはどうでしょうか。もちろん、一人の人も通勤の途中に見える空や街路樹に、ちょっと寄り道して公園の木々に心を向けてみてはいかがでしょうか。
本当に大事なものが何なのか、感じられるかもしれません。

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 20:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック