引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年10月12日

十三夜の月

9月14日の中秋の名月を見られた方は多かったようですね。
中秋の名月と対と読んでもいい、後の月をご存知ですか?
昨年も一昨年も同じことを書いたのですがもう一度。

陰暦九月十三日の月は中秋の名月に対して後の月と呼ばれます。
中秋の名月には里芋を、後の月には枝豆や栗を供え、収穫に感謝したり翌年の豊作を占ったりしました。このため、中秋の名月を“芋名月”、後の月を“栗名月”“豆名月”と呼んだりもします。
福岡県の海側の地方では“女名月”、長野県安曇などでは“小麦の名月”、徳島県では、十三夜が中秋の名月の後である事から、十三夜を歳をとった女性に見立てて“姥月”ともいっていたそうです。
中秋の名月は中国で行われていた行事ですが、こちら十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。
十五夜と十三夜どちらか片方の月見しかしないのは「片月見」または「片見月」といって忌み嫌われました。そのため、昔は二度目の逢瀬を確実に行うために、十五夜に異性を誘う(相手はどうしても十三夜にも来なければならないため)、ということがあったようだです。(失敗した!名月は二人で見てたのにふらふら
江戸時代の吉原では十五夜の登楼した客は、十三夜も遊女とともに月を見ないと野暮な客とされたようです。

前置きが長くなりましたが、新宿のあちこちで撮影した後の月をお届けします。

まずは新宿御苑で撮影した上りたての後の月2枚
後の月

プラタナス並木と後の月プラタナス並木の方角から出てきそうなのでじっと眺めていたら雲の中から微かに見えてきました。
流れる雲で出たり隠れたり、やきもきさせられました。
撮影してたら鳥が横切っていきましたよ。


都庁からみた後の月新宿御苑から都庁展望室に移動したのですが、まだ明るいうちは雲に覆われて全く見えなくなって、ようやく見えたと思ったらずいぶん高くに上ってました。
私だけカメラが東京タワーに向けられず上のほうに向いていたので周りの人たちも気がついたようでしたよ。後の月のおすそ分けです。


Docomoタワーと後の月新宿サザンテラスから撮影した後の月とDocomoタワーです。
下を走っている総武線がわかりますか?もうちょっとはっきり写したかったのですが、スローシャッターなので流れちゃいました。


薄雲の中のお月様です。月明かりが周りの雲を照らしてぼんやりしているのがわかりますか?
十三夜


「薄雲の 衣装まとって 後の月」


「あなたにも 見えていますか 後の月」


森のどんぐり屋さんのブログ「そよ風つうしん」の記事『十三夜』では深く考えさせられます。そちらも是非、ご覧下さい。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:07 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | .お月様  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
片見月のすごう詳しい解説をありがとうございました。
私は、去年書いたのでいいか〜と省略してしまいました。
今年初めての方が多いかもしれないのに、きちんと書かないといけないですね、反省。

ブドリサさんのところは、いつもていねいで頭が下がります。
検索で訪問される方も、きっと多いことでしょうね!
Posted by 森のどんぐり屋 at 2008年10月13日 10:20
森のどんぐり屋さん
私も最初は去年のままでいいかなと思ったんですけど、ちょっと調べたら、面白くなって細かく書いちゃいました。
森のどんぐり屋さんはいつも詳しく書いていただいているので、私の方が参考にしたいほどですよ。
いろいろな言葉が検索されてるようですけど、季節ものが多いのでやはり意識しますね。
Posted by ブドリ at 2008年10月14日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック