引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年10月11日

アサギマダラ

「アサギマダラ」と聞いてピン!と来た方は素晴らしい。
「アサギマダラ」というのはチョウチョの一種なんですよ。
自然教育園で見つけて写真に撮ったのですが、はじめて見る種だったので、とにかく撮ることだけに夢中でした。
帰ってから調べると模様から「アサギマダラ」に違いないと確信しました。もし、詳しい方で間違っていたら教えてください。

アサギマダラ(浅葱斑)
マダラチョウ科に属する前翅長40〜60mmの可憐なチョウ。春の北上、秋の南下を繰り返す「渡り」をするチョウとしても知られています。
研究者達によって、夏に日本本土で発生したアサギマダラは秋になると南西諸島や台湾まで南下、繁殖した子孫が春に北上し、日本本土に再び現れるという行動が明らかになりました。中には直線距離で1,500km以上移動した個体や、1日あたり200km以上の速さで移動した個体もあるそうです。まだまだ移動の範囲の全貌はまだ明確ではありません。
夏から秋にかけてはフジバカマ、ヒヨドリバナ、アザミなどのキク科植物の花によく集まり、吸蜜する姿が見られます。

というわけで、アザミの花の蜜を吸うアサギマダラをご覧下さい。
アサギマダラ


それにしても羽根の色の浅葱色が綺麗ですよね。でも、アルカロイドを含む植物の蜜を吸って、体に毒を溜めて身を守ってるんですよ。美しいものにはトゲならぬ毒があるんですよ。マウスオンでご覧下さい。



「蜜求め 優雅に舞いし 秋の蝶」


おまけ
アザミの蜜を吸うツマグロヒョウモンのメス。マウスオンでどうぞ。
マウスを乗せたりはずしたりすると、羽ばたいてるように見えますよ。


最後に、自然の営みを一つ。蜘蛛の巣にかかり食べられるツマグロヒョウモンです。可哀想に見えますが、蜘蛛にとっては大事な餌ですからね。しっかりと見てください。
クモに食べられるツマグロヒョウモン


「秋の蝶 飛びつかれたか 網の中」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:23 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アサギマダラと聞いて、ピンとはきませんでしたが、以前石垣島でオオゴマダラを見ているので、お友達かな〜??と思いましたよ(^^)

ただ、オオゴマダラは、「大・胡麻・ダラ」だと思っていたので、ダラってなんだろうと気になっていたのですが、ダラではなく、マダラチョウだったのですね(^^;

大好きな浅葱色のチョウチョ、きれいですね〜!!

昔、子供は2人産んで「あさぎちゃんともえぎ君」にしたいなと思っていたくらいに、大好きな色です(^^)
Posted by なぎママ at 2008年10月12日 19:17
なぎママさん
この名前でちゃんと色からきた名前の蝶なんて思いませんよね。
オオゴマダラの区切り方もわかりますよ(^^)
このチョウはアゲハチョウとは違う優雅さがありました。綺麗でしたよ〜
Posted by ブドリ at 2008年10月12日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック