引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年10月10日

秋の花 二つ(ミゾソバとシモバシラ)

今回はタイトルにある通り、久し振りに秋の野の花を二つお届けします。どちらも自然教育園で撮影しました。

まずはミゾソバから。

ミゾソバ(溝蕎麦)
ミゾソバタデ科の一年草。溝などの水辺に群れをなして生えます。花と葉がソバに似ていることと、生育場所が溝に多いことから、ミゾソバの名前がつきました。
葉の形が牛の頭に似ていることから「ウシノヒタイ」、花がコンペイトウに似ていることから、「コンペイトウグサ」の別名もあります。


水生植物園に群生してるんですよ。風に揺れるととても気持ちのいい風景なんですよ。見せられないのが残念です。マウスオンでご覧下さい。


花は本当にコンペイトウみたいですよ。マウスオンでご覧下さい。


「溝蕎麦の 揺れてさわやか 風の中」

「色のなき 風に色さす 金平糖」


シモバシラ(霜柱)
シモバシラ花の時期は9月下旬から10月ごろまで、6〜9センチの穂の片面に白い小さな花を多数咲かせます。
冬に、地上に出ている部分は枯れてしまいますが、根はまだ生きていて水を吸い上げます。その水が根本あたりで凍って「霜柱」のような「氷の結晶」ができるところからこの名になりました。(ふつうによく見かける”霜柱”とは別の現象です)
早朝じゃないと見られないので、残念ながら見られそうにありません。
別名 「雪寄草」(ゆきよせそう)


シモバシラの花以前から名前は知っていて興味があってみてみたいと思っていたら、意外と近くの場所に咲いていたんです。

学名を「Keiskea japonica」といって、明治時代の日本の本草学者・伊藤圭介さんにちなんでいるそうです(この方については補足をご覧下さい。)。小石川植物園にも関係のある方だったとはビックリ!

穂の周りにぐるっと咲かないで一方にしか咲かないのはユニークですよね。

シモバシラ上から


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


伊藤圭介って?

尾張名古屋出身。
享和3年(1803年)〜明治34年(1901年)
名古屋呉服町に生まれる。
19歳で上洛して藤林泰助に洋学を学び、21歳のとき吉雄耕牛の孫常三に蘭学を学ぶ。
24歳のときにシーボルトに会ったことが転機となり、翌年長崎へ赴きシーボルトに師事、本草学へと進む。
のちに蕃書調所に入り、さらに東京大学に迎えられ、小石川植物園を監督した。
明治21年(1888)に日本最初の理学博士となる。
江戸末期から明治時代の医学、植物学・博物学界を代表する人物として、多数の業績を残している。
リンネの植物分類法をはじめて本格的に紹介したことでも知られる。
「めしべ」「おしべ」「花粉」と言う言葉を作り、名古屋大学医学部の前身となる医学校も創設。98歳で没。
著作に『泰西本草名疏』『日本産物誌』などがある。

≪伊藤圭介の名が学名につく植物≫

シモバシラ シソ科 Keiskea japonica Miq.
イワチドリ ラン科 Amitostigma keiskei Miq.
スズラン ユリ科 Convallaria keiskei Miq.
アシタバ セリ科 Angelica keiskei (Miq.)Koidz. など
伊藤圭介記念室を参考にしています)

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:17 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜〜い、ミゾソバだ〜〜♪♪
名前の由来だって、ちゃーんと知ってますよ!!

なぁんちゃって(^^)
実は昨晩、テレビに映っていて、母に教えてもらったばかりだったので、ちょっと知ったかぶってみました(^^;

ブドリさんが旬の花を撮影しているから偶然ではないのかもしれませんが、それにしても数週間は咲いているであろう花なのに、同じタイミングで話題になるとは、運命的ですよ〜〜ん♪
Posted by なぎママ at 2008年10月12日 19:23
なぎママさん
ミゾソバがテレビに映っていたのですか!
お母さんと会話されていたのですね。
今月の頭に撮影して、いつでも載せられたのに彼岸花特集で遅れてのことですから、ほんとに運命的ですね〜(^^)
Posted by ブドリ at 2008年10月12日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック