引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年09月29日

秋の空と彼岸花

暑さ寒さも彼岸までとはいいますが、彼岸が明けた途端に秋の涼しさを通り越して初冬のような寒さになってしまいました。
急激な変化に体には堪えますが、体調を崩したりしてませんか?

まだまだ、彼岸花をお届けしようと思うのに、拍子抜けしちゃいますね。
でも、そんなことはおいといて、まだまだ秋ですので彼岸花と秋の空の気持ちのよさをお届けします。
すべて前回と同じ、皇居の凱旋濠の石垣の上に並ぶ彼岸花です。
間違いなく東京のど真ん中、いえ、日本のど真ん中で撮影した写真ですよ!

石垣の下から見上げると木々の間の空に伸びる彼岸花がありました。
秋空の中


みんなで仲良く空を見上げて、流れていく雲に手を伸ばしていましたよ。マウスオンでどうぞ。


こちらでは小屋に戻るように移動していく羊雲たちに手を振っていましたよ。マウスオンでどうぞ。


彼岸花もそろそろお休みする時間とみんなで帰っていくように見えませんか?
羊雲に手を振って


「風に揺れ 雲に手を振る 彼岸花」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:55 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブドリさん  こんばんは。
TBありがとうございました。
濠の石垣の上の彼岸花カワイイですね!
みんな並んで空の雲にまた明日と手を振ってるようです。
彼岸花がこんなに可愛く見えたのは初めてです〜
Posted by やんやん at 2008年10月01日 17:39
やんやんさん
体調はいかがですか?コメント入れられなかったのでトラックバックだけですみません。

この風景を見つけた時、ひとり気持ちよくなってました。
彼岸花ってどうしても落ち着いた雰囲気になるので気持ちいいように撮れて満足な瞬間でしたよ。

トラックバックありがとうございます。
Posted by ブドリ at 2008年10月02日 00:04
ブドリさん
私も英語俳句、やっています。
昔、英訳の勉強で宮沢賢治の長編を
4作ほどやったことがありました。
グスコーブドリの伝記もその中の
ひとつでしたので、懐かしくなり
ました。(^-^)


Posted by ryo at 2008年10月31日 13:27
ryoさん
コメントありがとうございます。
英語俳句は最近は全然作ってないんですよ。
英語が浮かばないのが一番です(^^;)
宮沢賢治の作品を英訳の勉強でやったのですか!
興味のある作品でなら私も勉強してみたいです。

コメントが反映しにくくてゴメンナサイ。
ダブっていたのは削除させてもらいました。
Posted by ブドリ at 2008年10月31日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

曼珠沙華 ?
Excerpt: TAMROM 90mm Micro 草の中で咲いてるヒガンバナ。 なんとか違う感じに撮りたいと花の正面に回ったら、 そこに光が差しこんできました。 下のヒ...
Weblog: まぁ、お茶でも♪
Tracked: 2008-10-01 17:41