引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年09月17日

センニンソウ

一生懸命通っても、皇居東御苑に咲く花のすべてをタイミングよく見ることができていないもので、今回はそのうちの一つ、センニンソウをお届けします。
前回の萩のすぐ隣に咲いているんですよ。

センニンソウ(仙人草)キンポウゲ科センニンソウ属
仙人草つる性の多年草です。夏から初秋に、多数の十字状の白い花を咲かせます。クレマチスもこの仲間になります。


花は白い花ですが、4枚の花弁に見えるのは萼片で、本当の花弁はありません。パッと見るとユキノシタのように思えますが、花弁に見えるのが萼片というのは同じですけどね。
センニンソウ


センニンソウ(仙人草)という名前は、実の先端につく白い羽毛状のものを、仙人のヒゲに見立てたことからこの名が付いたいわれます。有毒な植物なので馬も食べないことから「馬食わず(うまくわず)」という別名もあります。
センニンソウの花


仙人草のつる

宮沢賢治の「春と修羅」中の作品「東岩手火山」に登場します。とても長い詩なので冒頭と仙人草が登場する部分のみ紹介します。

 月は水銀 後夜(ごや)の喪主(もしゅ)
 火山礫(れき)は夜の沈殿(ちんでん)
 火口の巨きなゑぐりを見ては
 たれもみんな愕くはずだ
  (風としづけさ)
 いま漂着する薬師外輪山(ぐわいりんざん)
 頂上の石標もある
 (月光は水銀、月光は水銀)
(略)

 三つの提灯は夢の火口原の
 白いとこまで降りてゐる
 (雪ですか、雪ぢやないでせう)
 困つたやうに返事してゐるのは
 雪でなく、仙人草のくさむらなのだ
 さうでなければ高陵土(カオリンゲル)
(略)



「一人より みなで集って 仙人草」

「みなで群れ 修行をつみし 仙人草」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:40 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1枚目のスケッチ、結婚式のブーケみたいですね〜!!
花は違いますが、私のブーケの色と形はこんな感じでした(^^)

限られた時期にしか咲かないお花。
いつも何となく咲いているのを見ているだけなのですが、ブドリさんにこうして教えていただく事で、名前や特徴を知り、立ち止まってみるようになった花が多いんですよ〜♪
少し前にも、見送りをしに庭に出てきてくれたバァに「これタカサゴユリって言うんでしょ〜。」と聞くと「そうよ、よく知ってるじゃない!!」と嬉しそうにしていました。
ブドリさんのおかげで、母と花や草木についての会話が増えたんですよ〜〜!!
ありがとうございます(^^)
Posted by なぎママ at 2008年09月20日 10:26
なぎママさん
結婚式のブーケを連想してくれたんですね。そのときの思い出も蘇りましたか(^^)

立ち止まって見る様になっていただけたり、おばあさんと花や木についての会話が増えたなんて、気に留めて撮影した花が役に立って凄くうれしいです。撮影された花も喜んでいると思います。


Posted by ブドリ at 2008年09月21日 10:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック