引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年09月07日

「まんげつのよるまでまちなさい」

絵本の紹介11回目です。
以前、「おやすみなさいのほん」を紹介したマーガレット・ワイズ・ブラウンの絵本です。

「まんげつのよるまでまちなさい」
マーガレット・ワイズ・ブラウン 作
ガース・ウィリアムズ 絵       まつおか きょうこ 訳

まだ夜をみたことのないあなぐまぼうやは、
「よるをみたい」「よるってどのくらい大きいの」「よるってどんないろ?」…と、おかあさんにたずねます。
でも、おかあさんは「まんげつになるまで、までまちなさい」と言うばかり。時には歌を歌ってもらって、ぼうやはその時をじっと待ちます。
そして、我慢できなくなった坊やは
「これからもりへ よるをみにいくからね」
というと、おかあさんは
「さあ、いっといで!」
と送り出します。そう、その夜は満月だったのです。

この絵本は何でも欲しがったり、したがる子どもの気持ちを上手に押さえじっと我慢させ、耐える事を教えてくれます。
耐えている間に、心も体も成長し、子どもにとって調度いい時がやってくるのです。そして、その時をしっかりと親が理解してあげることの大切さも教えてくれます。

じっと待つ子どもに、じっと待たせる親。お互いの愛と信頼の絆があるからこそ出来ることなんじゃないでしょうか。
もうすぐ満月(9/15)。何か一つ、満月の夜まで待つ約束をしてみては?

まんげつのよる.gif
まんげつのよるまでまちなさい
まんげつのよるまでまちなさいマーガレット・ワイズ・ブラウン

おすすめ平均
stars"待つ"ことの意味とその大切さ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:00 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「我慢させる事」なかなか難しいですよねぇ・・・。
なぎに我慢させるためには、その何倍も親が我慢しなければいけない気がする・・・(^^;

なぎは、満月の夜ではなく前日の十五夜さんに、お団子作りをするのを、とっても楽しみに待っているようです(^^)
Posted by なぎママ at 2008年09月09日 11:39
なぎママさん
そうですね、我慢させるためにはこちらも我慢しないといけないというのは、言われて気付きました。たしかにそうですね。
ということはお互いに我慢することを学ぶということなんですね。
やっぱり子育ては子に育てられるんですね。

なぎ君、お団子作りしたり、おはぎを作ったり、季節を体で味わってステキな経験を積んでますよね。それを続けるなぎママさん一家を尊敬しちゃいます。
Posted by ブドリ at 2008年09月10日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック