引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年07月27日

「虔十公園林(けんじゅうこうえんりん)」

絵本の紹介5回目にしてついに登場、宮沢賢治の童話です。
でも、「銀河鉄道の夜」でも、「注文の多い料理店」でも、「セロ弾きのゴーシュ」でも、「グスコーブドリの伝記」でもなく、「虔十公園林(けんじゅうこうえんりん)」をお届けします。
宮沢賢治の童話の中では、あまり知られていませんが、隠れた名作で、多くの人が生きにくさを感じている現代だからこそ読んでみてもらいたいので紹介します。ほとんど紹介しちゃいましたので長いですが、最後までお付き合い下さい。

「虔十公園林(けんじゅうこうえんりん)」
「虔十」というのは、この物語の主人公の名前です。
虔十は「雨の中の青い薮を見たり、青空をどこまでも翔けて行く高を見つけたり、風がどうと吹いて、ぶなの葉がチラチラ光るのを見ると嬉しくて笑っていましたが、ちょっと知恵が足りない様子なので、それを見て子供らは馬鹿にして笑っていました。

ある日、虔十はおっかさん、おとっつぁん、兄さんに「家の後ろの野原に杉を植えたいから、杉苗を700本買ってくろ」と、はじめてお願いを言います。兄はあそこは杉を植えても育たないと言いますが、

『買ってやれ、買ってやれ。虔十ぁ、今まで何一つだて頼んだごたぁ無がったもの。買ってやれ。』

と、両親は初めて願い事を口にした虔十に、杉苗を買ってやることにしたのです。

虔十が兄さんの力を借りて野原に杉苗を植えると近所の人たちは、あんな所に杉を植えても底は硬い粘土だから育ちはしない。やっぱり馬鹿は馬鹿だと、と嘲笑しました。

嘲笑されたとおり、七年目も八年目も丈が九尺(3m弱)ぐらいでした。
ある朝、百姓が虔十に枝打ちはしないのかと冗談を言いうと、それを真にうけて虔十は片っぱしから下枝を払いました。払い終るとどの木も上の方の枝3、4本しか残らない寂しい状態になり、林の中はあかるくがらんとなってしまいました。
虔十はなんだか気持ちが悪くて胸が痛いように思いましたが、通りかかった兄さんに、
『枝集めべ、いい焚ぎものうんと出来た。林も立派になったな。』
と言われ、やっと安心するのです。

次の日、林から子供たちが大勢さわぐ声が聞こえ、虔十が行ってみると、下枝がなくなってがらんとして並木道のようになった林に学校帰りの子供らが五十人も集って、杉の木の間を喜んで行進しているのでした。それを見て虔十も喜んではあはあと笑いました。
それからは毎日毎日、子供らが集りました。

ある年の秋、虔十はチブスにかかって死んでしまいました。そんなことには一向かまわず、林ではずっと子供らが集りました。
次の年、その村に鉄道が走り、あちこちが開発され、畑や田はずんずん潰れて家がたち、いつしかすっかり町になりましたが、虔十の林だけはそのまま残っていました。

虔十が死んでから二十年近くたったある日、その村から出て、アメリカのある大学の教授になっている若い博士が15年ぶりに故郷に帰ってきてみると周囲の光景はすっかり変わっていました。でも、虔十の林は昔のままでかつてと同じように子供らが楽しそうに遊んでいました。

『ああそうそう、ありました。ありました。その虔十という人は少し足りないと私らは思っていたのです。
いつでも、はあはあ笑っている人でした。毎日、ちょうどこの辺に立っていて、私らの遊ぶのを見ていたのです。
この杉もみんなその人が植えたのだそうです。
ああ、全く、たれがかしこいかはわかりません。ただ、どこまでも十力の作用は不思議です。
ここはもういつまでも子供たちの美しい公園地です。
どうでしょう。ここは虔十公園林と名をつけて、いつまでもこの通り、保存するようにしては。』
『これは全くお考えつきです。そうなれば、子供らもどんなにしあわせか知れません。』

やがて、「虔十公園林」の碑が立ちました。

『昔のその学校の生徒、今はもう立派な検事になったり将校になったり海の向うに小さいながら農園を有ったりしている人たちから沢山の手紙やお金が学校に集まって来ました。
 虔十のうちの人たちはほんとうによろこんで泣きました。
 全く全くこの公園林の杉の黒い立派な緑、さわやかな匂、夏のすずしい陰、月光色の芝生がこれから何千人の人たちに本統のさいわいが何だかを教えるか数えられませんでした。
 そして林は虔十の居た時の通り雨が降ってはすき徹る冷たい雫をみじかい草にポタリポタリと落しお日さまが輝いては新らしい奇麗な空気をさわやかにはき出すのでした。』

と結ばれます。


みずからをケンジュウと表記することもあった宮沢賢治の理想像を語っているような作品です。
この作品では、虔十の愚直なまでの一途さが残したものが大きくとり上げられることが多いのですが、この作品に出てくる虔十の家族のあり方にも注意して欲しいと思います。

世間から何を言われても親や兄弟が、虔十のすることを認め、見守り、ずっと支え続け、虔十はそれに応えるようにやり通すのです。
人に認めらないから、人に注目して欲しいから、問題を起こせば家族の気を引けるからと、数々の事件が起きている現代。世間の目はどうしても気になる現代。
ここに一つの道があると思います。

人に認められるよりも前に、それぞれがやるべきことがあるのではないでしょか。

「かしこいってどういうことか」
今の世の中が立ち止まって考えてみるべき時ではないでしょうか。

一度じっくりと読んで、人の幸せとは何か、「本当のさいわい」とは何か、家族でじっくりと見つめてもらいたいと思います。

賢治の童話は過去のものではなく、時代を見通していたかのような作品が多く、たくさんの人にいろいろな作品を読んでもらいたいと思います。小さなお子さんには今はわからなくても、何か心の中に小さな炎となって残るものがきっとあると思います。ぜひ、夏休みに家族で読みあって下さい。

ちなみに、私のハンドルネームのブドリはどこから取ったかおわかりかと思いますが、実は最終候補として「虔十」もあったんですよ。
どちらも賢治の根底を成す童話で、悩んだのですが、変換しにくかったり、読みにくかったりするのもあって、「ブドリ」を選んだという経緯があるんです。それだけ思い入れのある作品です。是非一度読んでみてください。

虔十公園林(けんじゅうこうえんりん) (日本の童話名作選)
虔十公園林(けんじゅうこうえんりん) (日本の童話名作選)宮沢 賢治

おすすめ平均
stars読むほどに味わえる本です
stars虔十と宮沢賢治が重なります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


  
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:35 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまたじっくりと読んでみたくなる童話を教えて下さって、ありがとうございます(*^O^)/
虔十の心を大切に、ご家族がしっかりと虔十を見守っている姿、本を読んでじっくり味わいたいと思いました。
家族の温かな気持ちに支えられていたからこそ、虔十は自分の思いを貫けたんでしょうね!!
Posted by MAI at 2008年07月28日 08:16
MAIさん
この童話は本当に読んで欲しいです。文庫にも収録されているのでそちらの方がいいかもしれませんけど。
虔十についてかみ締めるといろいろなことを感じると思います。
Posted by ブドリ at 2008年07月29日 01:11
職場でさらりと読ませていただいたのですが、もう一度じっくり読みたくて、コメントが遅くなってしまいました。
途中まで読み進めているうちにウルウルきててしまったもので・・・(^^;

子育てをしている母としては、何度も何度も読み直したい本です!!
ついつい周囲の子と比べてみたり、劣っていることを嘆いてみたりしがちですが、わが子の事をよく見てあげて答えてあげなければですよね!!
わかっていても忘れてしまいそうになったとき、この本を読めば、見つめなおせそうな気がします。

Posted by なぎママ at 2008年07月29日 06:21
なぎママさん
読む人それぞれの立場で感じることが違うと思うので、なぎママさんのように子育てを感じてウルウルする人もいるでしょうね。
たくさんのことを感じてもらえればそれで賢治も幸せだと思うので、よかったと思います。
Posted by ブドリ at 2008年07月30日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック