引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年06月26日

ホタルブクロ

今回は蛍が飛ぶ頃に咲く蛍袋をお届けします。

ホタルブクロ(蛍袋)
キキョウ科の多年草。初夏に大きな釣り鐘状の花を咲かせます。
別名:雨降花、釣鐘草、提灯花、風鈴草
「蛍を捕まえてこの花の中に入れたので蛍袋」といわれています。でも、この花の咲くやや乾燥した場所と、蛍のいる水辺とは縁がないのでこの謂れは?ですが、優しい風景を思わせるのでそっとしておきます。

花言葉
愛らしさ・誠実・忠実・正義・熱心にやり遂げる・悲しい時の君が大好き

ホタルブクロの花をマウスオンでご覧下さい。
風に揺れて鐘の音が聞こえてきそうですよね。


こういう筒状の花を見ると覗きたくなるのでしたから覗いてみちゃいました。
ホタルブクロ.JPG

よく見てください。この二つの花の中。違うところがありますよね。わかりますか?花の中心にある柱頭の形が違いますよね。先が割れていないほうがまだ新しい花なんです。

ホタルブクロは開花した時には雄しべは奥のほうに枯れて縮んでいて、雄しべの花粉は雌しべの周りにくっついてるんです。
ホタルブクロの中


この花の奥の方にある蜜を求めて虫がやってきたときに、虫の体に花粉をつけて運んで貰って、別の花の開いている雌しべの柱頭に花粉を渡してもらうようです。こんな風に虫が入った時ですよ。自家受粉をしないための方法のようです。桔梗も同じ構造なのでキキョウ科の戦術なんですね。
蛍袋の中の虫


頭を使うのはこの辺で。

ドクダミの花にささやきかけるホタルブクロの花。時に釣鐘のようにジーンと体に響くように、時に風鈴のように軽やかに耳に心地良いように。
ホタルブクロとドクダミ

時には情熱的に!
ホタルブクロの情熱


「目に優し 耳にも優し 風鈴草」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:45 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ!すごい!
ホタルブクロの中ってこうなってるんですね。
初めて見ました!
地面近くに咲いてるから
撮るのは大変だったんじゃないですか?
蜂さんが見てるのはこんな景色だったんですね〜
すごい!
Posted by やんやん at 2008年06月27日 09:19
我が家のホタルブクロは、駐車スペース前に咲いているので、毎朝晩、お見送りとお出迎えをしてくれています(^^)
そんな様子を見ながら、今年は、ブドリさんのところへ登場しないなぁ、なぁんて思ってたんですよぉ〜。

去年に引き続き、今年も大好きなホタルブクロについて教えていただき、さらにドクダミとのとっても可愛らしい姿まで見せていただけて、嬉しいで〜〜す♪♪
Posted by なぎママ at 2008年06月27日 12:57
見た瞬間、あれ、ホタルブクロってこんなに長かったっけ?って思いました。
スズランのイメージを、強く持ち過ぎていたせいかな(^o^;)

ホタルブクロの中にホタルを入れたら、お花が更にキレイに照らし出されるんでしょうね♪
花びらの開き具合から、おっとりした口調で周りのお花や草に、話しかけているように見えました。
Posted by MAI at 2008年06月27日 15:14
やんやんさん
こういう筒状の花を見つけると、中を覗きたくなっちゃうんですよ。
たしかに地面すれすれなので屈んで撮るのは無理なので、コンデジで勘を頼りにピントを合わせて撮影してるんですよ。こうして撮ると虫たちの世界は面白いですよね。

なぎママさん
私のところで登場を心待ちにしてくれていたんですね。嬉しいです。
調べるといろいろな不思議がわかってきて楽しいですから、いろんな花で調べていきますよ^^

MAIさん
スズランは丸くてコロンとした鈴で、ホタルブクロは意外と長いんですよ。
一度、この中に蛍を入れて光るところを見てみたいですよね。蛍もなかなか見られないので想像してみるしかないですね。
ちょっと口をすぼめておっとりと。きっと小人さん達にも話しかけてますよ^^
Posted by ブドリ at 2008年06月28日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック