引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年06月10日

時計草

今日はちょっと珍しい形をした花を紹介します。
多摩川でドクターイエローを撮影した後で立ち寄った多摩川台公園で見つけた、その名も時計草(トケイソウ)。
実はこの花ずっと撮りたかったんですけど、なかなか出会えなかったんです。ここで出会えたのはドクターイエローが幸せを運んでくれたのでしょうね。

時計草:英名 Passion Flower
和名は3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見える特徴のある花を咲かせることに由来しています。英名の Passion Flower は、キリストの受難(Passion)に由来します。
開花時期は6月初旬から7月末頃までと梅雨の時間を刻むような花なんです。
時計草

たくさんの細い糸状のものが見えますが、これは副花冠と呼ばれるのもです。副花冠は根元が濃紫色で、中程は白く、先端は淡い青紫色となんとも繊細な色使いでをしています。花弁はその下の白い部分で10枚のように見えるのですが、5枚が花弁、5枚は萼片とよくわからない構造です。

この花をちょっと横から眺めてみましょう。
雌しべの下にある五本の雄しべはどこを向いてるかわかりますか?
時計草・斜めから


わかりにくいようなので、こちらでじっくりマウスオンでご覧下さい。

普通の花は外に向かってというか、虫たちが飛んでくる方向に向いてますよね。この花は雄しべが花の方を向いてるんです。実は花の開き始めは外を向いていて、開いていくにしたがって向きを変えるようなんです。しかもこれは午前中に10分前後で。これはなぜなんでしょうね。
おそらく花の上に虫に乗っかってもらい、知らず知らずのうちにその背中に花粉をしょってもらって、他の花のところに行って受粉してもらい、自家受粉を避けようという狙いなんでしょうね。
この花は翌日にはしぼんでしまいます。

それにしても、どこにそんな知恵を持つのでしょうか?植物のどこかに脳ミソといえる部分がきっとあるんでしょうね。

「一目見て 時間を止める 時計草」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:53 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にすご〜い!!
その名の通り、時計のお花ですね(゚∇^*)
横から見ると、こんなに立体的なんですね。
カラフルな色は、虫達にアピールしているのかな?
ブドリさんのコメントを読んで…本能ってすごいなって実感しました。
俳句に納得です。
本当に、見た瞬間、一瞬時が止まります♪
Posted by MAI at 2008年06月11日 08:54
トケイソウの花は、咲いていると目を引きますよね〜〜!!
なぎの帰園途中にあるお宅に咲いているものですから、昨年、通るたびに気になって見せてもらっているうちに、その家のご主人と仲良くなったみたいで、色々な物をもらってくるようになっちゃいました(^^)

今年ももうそんな時期なのですね〜〜♪
ここでたっぷりトケイソウの不思議を勉強して、なぎに教えてあげなくっちゃ!!
Posted by なぎママ at 2008年06月11日 14:00
MAIさん
面白い花でしょ。どこでどうやってこんな形を作るのか不思議ですよ。
虫たちの目を理解してるってことですからね。
MAIさんもこの花のマジックにかかって時が止まってしまいましたね^^

なぎママさん
ご近所に咲いているところがあるんですか!その花も時間と止めて足止めしたんですね^^
花との縁がその家のご主人との縁に繋がって味なことをする花です。
是非是非なぎ君に教えてあげて下さい(^^)
Posted by ブドリ at 2008年06月12日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック